販売促進の専門メディア

O2O時代のマルチ・チャネル戦略

特別対談:循環するO2Oコミュニケーションを目指す──値引きに頼らない関係構築を(後編)

これまでは、おもに流通側から見た顧客ロイヤリティとO2O施策の関連性を中心に見てきた。今月は、先月に引き続き日本国内におけるメーカー、流通、そしてサービス事業者がO2Oにどのように向き合っているのかに関する対談の続きをお届けする。

前編の内容は、こちら


056_01.jpg

奈良 匠氏(なら・たくみ)(左)サントリー酒類 スピリッツ事業部ウイスキー部 ウイスキーアンバサダー
澤井 真吾氏(さわい・しんご)(右)カタリナ マーケティング ジャパンメディアソリューション事業部 エグゼクティブディレクター

コミュニケーションを循環させるO2Oが必要

──「角瓶」のウェブサイトでは「コンビニのからあげメニュー」の紹介ページなどもあります。サイトからコンビニへの誘客の意味合いもあるのでしょうか?

奈良▶ そうですね。もともとマス広告で「からあげ」と訴求していくことは決まっていました。そうした方向性をご担当者にお話ししたところ、スーパー同様、コンビニにおいても惣菜は利益率が高く、売っていきたい商材でした。そこで“角瓶とからあげをセットで売っていきましょう”ということになり、ウェブサイトで各社の商品を紹介する展開となりました。

──カタリナさんでの、最近の取り組みは、どのようなものがありますか?

澤井▶ 例えば、ある食品メーカーと一緒に作った、ペイド、オウンド、アーンドという三つのメディアをそれぞれ循環できるようなソリューションは非常にうまくいきました。具体的には、その企業のフェイスブックページで「いいね!」を押すなどなんらかアクションするとアクセス権が得られ、当社の「クーポンネットワーク」サイトにアクセスすると商品のクーポンがもらえるという仕組み。ただクーポンを使って商品を買ったら終わりではなく、そこからまた次につなげることで、コミュニケーションを循環させたのです。

あと79%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

O2O時代のマルチ・チャネル戦略 の記事一覧

特別対談:循環するO2Oコミュニケーションを目指す──値引きに頼らない関係構築を(後編) (この記事です)
特別対談:サントリーが見るO2Oの現状と実施策(前編)
顧客の「離反阻止」「ベストカスタマー化」のためのマルチチャネル戦略
顧客会員化のための五つのステージ/ロイヤル化編
顧客会員化のための五つのステージ/新規会員獲得・継続来店促進 編

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する