IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

STAND THE FLAG

想いはそのままに、生き物のように新たな形態へ変化する

京都府/京都水族館 リニューアル告知「変態予告」

バス停に掲出されたポスター。

2020年5月、「変態予告」の文字が大阪府や京都府の駅、バス停などに掲出された。近づいてよく見てみると、その文字は水棲生物たちで形づくられている。「近づくと、もっと好きになる。」をコンセプトに掲げる京都水族館が、リニューアルオープンを前に展開したOOHだ。

企画を手がけた電通クリエーティブディレクター島津裕介さんは、「『変態予告』には、全ての生き物と飼育スタッフがひとつになってリニューアルを迎えるという想いを込めました。『水族館のある暮らしを提供する』という本質的な想いは変えず、まるで生き物のように新しい形態となることを表現しています」と話す。生き物で形づくる「変態予告」のコピーを大胆に配置したビジュアルで、京都水族館の新しい形態でのスタートを力強く宣言した。

イラストはカイブツ石井正信さんが担当...

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

STAND THE FLAG の記事一覧

市長から市民へ広がった熊本流Stay Home
想いはそのままに、生き物のように新たな形態へ変化する(この記事です)
故郷に帰れなくとも、里帰りを味わえる
バーガーキングと「あのチーム」の復活を重ねて描く
70年代ロボットアニメ風CMで伝える 成吉思汗たれの圧倒的人気
動物たちが名古屋駅で転職活動を開始
環境問題を「15%」のクリエイティブで表現する
「リンゴしりとり」 で青森県の魅力を発信
野球の原点にかえる、嘘の無い広告
本田翼さんと伝える大阪の街の魅力とOsaka Metroの思い
海も魚も出てこない、『妄想』の水族館で好奇心を刺激
インパクトあるビジュアルで日本全国に伝える学校の思い

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る