IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

STAND THE FLAG

市長から市民へ広がった熊本流Stay Home

熊本県/熊本市「籠城じゃ。」

「籠城じゃ。」縦バージョン。馬場さんの写真をモノクロに加工し、コピーをのせた。

4月25日に投稿された熊本市 大西市長のツイート。

実際にグラフィックが使用された例。その他、期間限定で商品化されたり、店舗で貼られたりと、予想以上の広がりを見せたという。

4月25日の夜9時、大西一史 熊本市長はTwitterで1件の投稿をした。そこに添えられたのは、熊本城の写真に「籠城じゃ。」というコピーをのせたグラフィック。外出自粛を粋に言い換えた投稿には、2万以上の「いいね」が寄せられた。これを制作したのは、写真家 馬場道浩さん、アートディレクター 鈴木通直さん、コピーライター 赤城廣治さんのチームだ。2015年から熊本市の仕事を共にし、熊本地震以降は特に、熊本城の復興PRや観光PRを手がけてきた。

「外出自粛の中...

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

STAND THE FLAG の記事一覧

市長から市民へ広がった熊本流Stay Home(この記事です)
想いはそのままに、生き物のように新たな形態へ変化する
故郷に帰れなくとも、里帰りを味わえる
バーガーキングと「あのチーム」の復活を重ねて描く
70年代ロボットアニメ風CMで伝える 成吉思汗たれの圧倒的人気
動物たちが名古屋駅で転職活動を開始
環境問題を「15%」のクリエイティブで表現する
「リンゴしりとり」 で青森県の魅力を発信
野球の原点にかえる、嘘の無い広告
本田翼さんと伝える大阪の街の魅力とOsaka Metroの思い
海も魚も出てこない、『妄想』の水族館で好奇心を刺激
インパクトあるビジュアルで日本全国に伝える学校の思い

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る