IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

EDITOR'S CHECK

鉄道会館「グランスタ東京」、ハルカミライ『THE BAND STAR』ほか、注目のデザインの裏側

編集部が街で気になった様々なデザイン

LOGO
鉄道会館「グランスタ東京」

  • CD/佐藤卓(TSDO)
  • D/森智明(TSDO)

8月3日、JR東京駅構内の商業施設「グランスタ東京」が開業した。そのブランドアイデンティティをグラフィックデザイナーの佐藤卓さんが手がけている。

「グランスタ」は2007年に開業。以来、リニューアルや増床を続けてきたが今回、東京駅北通路周辺の整備によって新たに66店舗が出店。既存店とあわせ153店舗にも及ぶ大規模施設として生まれ変わるにあたり、ブランドロゴなども一新した。敷地面積は1万1300平方メートルと広く、改札内外にエリアがいくつも分かれている。出店している店舗のバリエーションもフード、お土産、アパレル・雑貨など幅広い。東京駅の中を行き交う人々の世代や目的も旅行やビジネスなどさまざまだ。

その多様性を踏まえると、ひとつのシンボルに絞ることは難しい作業だったが、佐藤さんが着目したのは人の「口」。色とりどりのシンボルマークのデザインは、実は「口」がモチーフとなっている。

「改札口、八重洲口、丸の内口と東京駅にはたくさんの『口』がある。この『口』をシンボルにしたら面白いのではないかと考えました。マークを構成するのは14個のカラフルな円。この円が上下に動く軌跡によって、全体の形が唇になるシンボルマークとしました。色とりどりの円は、東京駅に絶え間なく集まってくる電車のイメージとも重ねています」と説明する。一見すると「口」とは分からないが「実は口がモチーフなんだって」と誰かに物語を伝えたくなる、新たなコミュニケーションが生まれるような存在を目指した。

マーク自体を「口」のように動かすことで、動画や3Dの立体表現など複数のメディアに対応できるようにした点も特徴だ。「あ」「い」「う」「え」「お」「ん」の発声によって、変化する「口」の形もそれぞれデザインした。駅構内のデジタルサイネージでは、実際にロゴが動く映像を見ることができる。

「東京駅は世界でも類を見ない、洗練された駅。日本人として誇らしい存在でもあります。堂々たる一大ターミナル駅としての“王道感”とともに、楽しく元気になれるお店にたくさん出会えるという“明るさ”のバランスにこだわりました」(佐藤さん)。

CD
ハルカミライ『THE BAND STAR』

(ユニバーサルミュージック)

  • AD+D/相楽賢太郎(ポラーノ)
  • D/清水艦期(ポラーノ)
  • I/石井正信(カイブツ)

ロックバンドのハルカミライは7月8日、ニューアルバム『THE BAND STAR』をリリースした。青い背景に牛乳パックの通常盤、ピンク色の背景に電球の箱の初回限定盤。要素を削ぎ落としたグラフィックが印象的だ。アートディレクションを手がけたのは、ポラーノ 相楽賢太郎さん...

あと64%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

EDITOR'S CHECK の記事一覧

鉄道会館「グランスタ東京」、ハルカミライ『THE BAND STAR』ほか、注目のデザインの裏側(この記事です)
新宿 北村写真機店、京極夏彦『本革金箔装 姑獲鳥の夏』ほか、注目のデザインの裏側
資生堂「BAUM」、TBS新ロゴほか、注目のデザインの裏側
ローソンのパッケージ、国立工芸館のロゴ他、注目のデザインの裏側
マルハニチロ他、注目のデザインの裏側
坂本龍一『Ryuichi Sakamoto 2019』、りぼんふぉんと他、注目のデザインの裏側

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る