IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

名作コピーの時間

祝福と呪いのコピー

三島邦彦

    ただ一度のものが、僕は好きだ。

    キヤノン販売/1978年
    〇C/秋山晶

    本当に変わってゆくことは、インターネットがどうしたこうしたじゃねーだろう?もう少し優しい自分だったりするだろ?困っている人を見て見ぬふりをしないことだったりするだろう?

    トヨタ自動車/2001年
    〇C/山本高史

    考えよう。答はある。

    旭化成ホームズ/2012年
    〇C/磯島拓矢、平山浩司

祝福と呪いのコピー

名作コピーは、世界への祝福であるとともに、呪いなのだと思います。

就職活動が終わった夏。人生で最も暇な日々。大学の図書館で見た、1978年のコピー年鑑。土のグラウンドにまっすぐ白い線を引く男性の俯瞰写真。「ただ一度のものが、僕は好きだ。」という言葉。この一行を見た瞬間、この「僕」は、僕になりました …

あと72%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

名作コピーの時間の記事一覧

名作コピーの時間の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る