IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

名作コピーの時間

コピーを書いている夜、ふと、ボクが帰る場所。

武藤雄一

    ゆれる、まなざし

    資生堂/1976年
    〇 C/小野田隆雄

    近道なんか、なかったぜ。

    サントリー/1988年
    〇 C/小野田隆雄

    Think Different

    アップル/1997年
    〇 C/Rob Siltanen

インサイトをとらえるとか、広告効率を上げるとか、そんな難しいことではなく。ただ、純粋にステキだと思えてしまう。「ゆれる、まなざし」は詩よりも詩的で、絵画よりもビジュアル的で、わずか7文字のひらがなに日本語の美しいはかなさが漂っている。それでいて、ムリなく商品に落ちている。いいコピーは力みがなく、無駄がなく、なぜか言葉として薫っています。

太いコピー。と言われても意味が分からなく「何なんだ」と、思っている時に出会ったコピーが「近道なんか、なかったぜ。」。あたりまえのことを、あたりまえとして言い放ってみる。みんなが、たぶんそうだろうと思っていることを「そうだ!」と言い切ってみる …

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

名作コピーの時間の記事一覧

名作コピーの時間の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る