IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

STAND THE FLAG

地方の町の個人飲食店にフォーカスを当てる

高崎市/「絶メシリスト」

「絶メシリスト」Webサイト。

「食えなくなっても、知らねえよ~!」というコピーと共に昨年スタートした、高崎市の「絶メシリスト」プロジェクト。他の地方都市同様、高崎市でも、街にシャッター街が広がり、個人飲食店が姿を消していた。その危惧から、「高崎の個人飲食店をテーマにした町の活性化」というテーマで高崎市が企画を募集したことから始まったプロジェクトである。

博報堂ケトル ディレクターの畑中翔太さんは、世の中の「休業を惜しむニュース」がそのヒントになると考えた。「昔から知られている店がなくなると知ると、人はその存在価値に注目するもの。その心理が使えると考えました」。そして、高崎のあるホルモン屋の主人の「次君たちが来る時、店はないかもよ」という言葉が印象に残り、「絶メシ」の名前が生まれたという …

あと66%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

STAND THE FLAG の記事一覧

地方の町の個人飲食店にフォーカスを当てる(この記事です)
新聞広告から折った鶴がサッカー観戦チケットに
『ギリギリありそう』な相続トラブルを描いたムービー
新潟の廃車バスが、期間限定アートショップに変身
PR動画の次は、自治体発のライブ配信メディア
大阪府民注目!名物キャラクターが出演するJALのローカル広告
持ち運べる立体ハッシュタグが高松に登場
キャラクターの実写化を純粋に楽しんでもらう周年プロジェクト
アニメーション映画の予告編をイメージしたコンテンツ
公式キャラクター「急須くん」が本物の急須になった!
会社のコアを見直し、問いかける形式で訴求するテレビCM
社長vs若手社員の構図で会社の「勢い」を表現
小笠原の50の魅力を絵の具で表現する

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る