IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

PICK UP

「プリウス試乗味」のコーヒーとガムが発売に

トヨタ自動車「TRY! PRIUS」

トヨタ自動車は7月下旬、プリウスの試乗を促すためのキャンペーンをスタート。異業種の企業とコラボレーションすることで、試乗気分を味わえるコーヒーとガムを開発するという異色の企画だ。

ブルーボトルコーヒーとのコラボグッズ。

試乗味コーヒーのポスター。

ブルーボトルコーヒー、ロッテとコラボ

まったく味が想像できない。そんなコーヒーとガムが7月と8月に発表された。その味は「試乗味」。トヨタ自動車がブルーボトルコーヒーとロッテとコラボレーションして、プリウスのキャンペーンのために開発したものだ。ガムとコーヒーはドライブのお供であり、車との相性はいい。

試乗味のコーヒーは、ブルーボトルコーヒーの味を司るスタッフがプリウスに試乗して感じた走りや乗り心地を表現し、「飲む、試乗体験」を目指した。実際に都内店舗で提供したほか、コーヒー豆とマグカップを店舗とオンラインストアで販売した。

一方、試乗味のガムはロッテのチューインガムの研究員に同じく試乗した感覚を表現してもらった。吸い付くような走りの刺激感と滑らかさから「噛む、試乗体験」を目指した。全国のトヨタ自動車の販売店にて無料で配布したほか、ロッテのECサイトで一部販売した。

今回、異業種間でコラボレーションした狙いは、新規顧客の試乗促進だ。データ分析をしたところ、ターゲットは情報感度が高く、ネットニュースやSNSなどから情報を得ていることが多かった。そこで、ネット上で「プリウス試乗」を話題にすることで、実際に試乗したくなる仕掛けにした。

企画を担当した電通の嶋野裕介さんは、キャンペーンを成功させるためにポイントが3つあったと語る。「1点目は、ストレートにプリウス試乗に興味を持ってもらうこと。2点目は、ネット上で話題になるような引っ掛かりがあること。最後の3点目は、実際にお店に行ったり、SNSで紹介したくなったりする存在であることです」。

こうした点を考慮した結果、企業間同士のコラボレーションで、試乗味の新商品を開発するという手法に行き着いた。「一社だけでは単なる広告キャンペーンとしてメディアや消費者に受け止められてしまう。それが企業間同士の商品開発になると、経済面などの違った角度のニュースにもなりえます」。メディアやSNSへのPR活動に加えて...

あと47%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

PICK UP の記事一覧

ラップでつづるハードボイルドな即席めん開発ストーリー
「プリウス試乗味」のコーヒーとガムが発売に(この記事です)
非リアvsリア充のラップバトル
「しあわせ一番町」のコミュニティを全国に広げていく
キウイフルーツを体現した新キャラクターが全国のスーパーを席巻
再生回数1600万回突破!地元をテーマに名作文学を舞台映像化
生まれ変わったサンシャイン60展望台
知られざるヘルシーフード お好み焼きをPR
脚色は一切なし!完全アドリブでCM撮影に臨む
むぎゅ~とだきつくファン続出。巨大ぬいぐるみが新宿駅を癒しの空間に
六本木ヒルズに90年代男子部屋を再現した「ウイイレ部屋」が出現
静電インクを応用した初のインタラクティブ広告

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る