IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

セレクト10

世界を幸せにする広告、オノ・ヨーコ展、土木展 他

デザイン・アート・広告賞今月の展覧会&コンペティション

グラフィックトライアル2016

img01

ポスター

第一線で活躍するクリエイターと凸版印刷のプリンティングディレクターが協力してグラフィックデザインと印刷表現の新しい可能性を探り、ポスターとして結実させる試み。11回目となる今回は、異なる人や文化、技術や知識が縦横無尽に行き来する交点こそ新たな創造の源と捉える〈crossing:横断、過渡、交差〉がテーマ。新島実、アラン・チャン、えぐちりか、保田卓也の4人が挑戦した。

グラフィックトライアル2016

印刷博物館 
6月11日~9月11日 
月休館(但し7月18日は開館)、7月19日 
お問い合わせ→03-5840-2300

大竹伸朗/時億

img02

Time Memory/Edge 22, 2015, Mixed media,
100.5x71cm ©Shinro Ohtake,
Courtesy of Take Ninagawa,Tokyo

絵画、写真、立体、コラージュや音楽パフォーマンスなど多彩な表現を用い、日本の現代アートを牽引する大竹伸朗。本展は大竹が時間と記憶の考察として2011年から制作し続けてきた「時憶」シリーズを日本で初めて紹介。それぞれさまざまな場所で異なる時期に作り出された「時の断片」としての紙片を「記憶の層」に見立て、その風景の中に「時間の記憶」をあぶり出すことをテーマにしている。

大竹伸朗/時億

TAKE NINAGAWA 
開催中、6月30日まで 
日月祝休廊 
お問い合わせ→03-5571-5844

言葉をモチーフに現代の浮世絵を考える
デジタルプリントによる狐塚康己作品展「Kotoba to E」

img03

ポスター

言葉やビジュアル、商品開発のアイデアを解説した書籍『図説アイデア入門』の著者・狐塚康己の初個展。慣用句がビジュアルと密接な関係にあることがわかるコーナーでは、使い古された言葉がビジュアルによって新鮮さを取り戻す。逆にビジュアルアイデアが先にあり、言葉(タイトル)がそれに意味をもたせていく作品群は、タイトルの重要性がテーマ。パロディ作品の展示では歌川広重、葛飾北斎が現代に甦り、初音ミクが時代を遡る。

言葉をモチーフに現代の浮世絵を考える
デジタルプリントによる狐塚康己作品展「Kotoba to E」

東京堂ホール 
6月27日~7月2日 
会期中無休 
お問い合わせ→0120-400-361

特集上映「アート・ドキュメンタリー特集 ―表現する者たち―」

img04

『写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと』


img05

『氷の花火 山口小夜子』 ©KAZOU OHISHI


img06

『もしも建物が話せたら』 ©Wim Wenders

建築、ファッション、絵画などアートの世界を捉えたドキュメンタリー映画6作品を3週間にわたって上映。上映作品は、ヴィム・ヴェンダースが製作総指揮を務めた『もしも建物が話せたら』、1970年代から世界的に活躍したモデル・山口小夜子のドキュメンタリー『氷の花火 山口小夜子』、『写真家ソール・ライター急がない人生で見つけた13のこと』など。会期中は『氷の花火 山口小夜子』の松本貴子監督らのトークを実施する。

特集上映「アート・ドキュメンタリー特集 ―表現する者たち―」

ユジク阿佐ヶ谷 
6月11日~7月1日 
会期中無休 
お問い合わせ→03-5327-3725

オノ・ヨーコ展「硝子の角」

img07

"A CLOUD SHOVEL",1971/2015, Glass,
Overall Dimensions:17.8×17.8×30.5㎝,
ed.6 ©Yoko Ono


img08

"KEYS TO OPEN THE SKIES", 2016,
Glass,Background:19.1×25.4×1.9cm,
Keys:11.4cm,ed.6©Yoko Ono

鍵、ハンマー、シャベルをモチーフとした、2014 ~ 16 年制作のガラスのエディション作品と、2003年パリ市立近代美術館で行われたオノ・ヨーコの個展「Yoko Ono Women’s Room」にあわせ出版された書籍「Spare Room」のテキストを …

あと56%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

セレクト10 の記事一覧

世界を幸せにする広告、オノ・ヨーコ展、土木展 他(この記事です)
今月の展覧会:ライゾマティクス展、あの時代(とき)のホリゾント植田正治のファッション写真展、ほか
今月の展覧会:「ピクサー展」「一〇〇年目に出会う夏目漱石」「萩尾望都SF原画展」ほか
今月の展覧会:「浦沢直樹展」「気仙沼と、東日本大震災の記憶」「TURNフェス」ほか
今月の展覧会:エンキ ビラル、石川竜一展、第8回恵比寿映像祭他
永瀬正敏写真展、MUSIC HANAYO × LAD MUSICIAN、黒田 潔[Rain]ほか

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る