IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

セレクト10

今月の展覧会:ライゾマティクス展、あの時代(とき)のホリゾント植田正治のファッション写真展、ほか

デザイン・アート・広告賞今月の展覧会&コンペティション

あの時代(とき)のホリゾント 植田正治のファッション写真展

img01

「シリーズ 砂丘モード」より 1983年 
©Shoji Ueda Office

「生涯、アマチュア写真家」を自称していた植田正治が初めてファッション写真を手がけたのは1983年、植田が70歳を迎えた年であった。それまでのファッション写真の枠組みを自由に飛び越えた作品は大きな反響をもって迎えられ、新たに植田正治の名を世に知らしめる契機となった。本展は80年代に手がけたファッション写真を中心に植田正治の作品世界を立体的に展示することで、その世界観を追体験する。「80年代」をキーワードに時代の証言者たちを迎えたトークセッションの開催も予定。

あの時代(とき)のホリゾント 植田正治のファッション写真展

ATSUKOBAROUH
開催中、5月22日まで
火休館
お問い合わせ→03-6427-8048

ライゾマティクス展 グラフィックデザインの死角

img02

ポスター

従来ブラックボックス化されている、デザインにおける抽象的な工程を明確に言語化することで、グラフィックデザインの制作における創造性を浮き彫りにする試み。グラフィックデザイン界のレジェンドである田中一光、福田繁雄、永井一正、横尾忠則が手がけた膨大なポスターをライゾマティクスが徹底的に解析し、配色・構成・感性という3つの要素およびそれらを掛け合わせたグラフィックにより、従来のデザインフローとは違う新たなグラフィックデザインのプロセス、グラフィックデザインの「死角」に迫る。

ライゾマティクス展 グラフィックデザインの死角

京都ddd ギャラリー
5月26日~7月9日
日・祝休館
お問い合わせ→075-871-1209

鈴木マサルのテキスタイル OTTAIPNU 2016 COLLECTION

img03

メインビジュアル

テキスタイルデザイナー鈴木マサルが毎年発表する傘の新作の他、大判の図柄をプリントしたバッグやスカーフ、ジャガードを用いたキッチンタオルやバッグなど、鈴木のファブリックブランドOTTAIPNUのコレクションを展示・販売する。会場内では、フィンランドのプリント工場でプリントされた新作のテキスタイルも展示。色、形、構図の全てがのびのびと表現されるテキスタイルデザインの本場フィンランドで、現地のエンジニア達と感性を共有しつくりあげた。

鈴木マサルのテキスタイル OTTAIPNU 2016 COLLECTION

代官山T-SITE GARDEN GALLERY
5月27日、28日、29日
会期中無休
お問い合わせ→03-6416-3201

伝統の未来|05|和紙『和紙の森めぐり』

img04

メインビジュアル

グラフィックデザイナーの佐藤晃一が和紙をテーマに企画。和紙は3~4世紀に中国から齎されたが、その後、日本独自の技術「流し漉き」が確立された。日本の和紙の強靭さと繊細さはこの漉き方によるもの。本展で展示する和紙の多くも、この技法によるもので永い年月の間 …

あと66%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

セレクト10 の記事一覧

今月の展覧会:ライゾマティクス展、あの時代(とき)のホリゾント植田正治のファッション写真展、ほか(この記事です)
今月の展覧会:「ピクサー展」「一〇〇年目に出会う夏目漱石」「萩尾望都SF原画展」ほか
今月の展覧会:「浦沢直樹展」「気仙沼と、東日本大震災の記憶」「TURNフェス」ほか
今月の展覧会:エンキ ビラル、石川竜一展、第8回恵比寿映像祭他
永瀬正敏写真展、MUSIC HANAYO × LAD MUSICIAN、黒田 潔[Rain]ほか
今月の展覧会:「赤塚不二夫のビチュツ展」「第11回クリエーティブトップナウ展」「世界のブックデザイン2014-15」ほか

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る