IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

心に残ったプレゼン術

存在感際立つゆうパック配達員のキャラクター

唐木徳子(日本郵便)

9月からオンエア中の、日本郵便ゆうパックのテレビCMが話題になっている。舞台はとあるバー。ある郵便配達員について、その同僚らが思い思いに吐き出している。「冗談が通じない」「シャツとか100%ズボンイン」「バカがつくほどまじめ」。それに対して木村多江さん扮するバーのママは、「いいじゃない、まじめ。好きだなー、まじめ」と返し、同調してほしかった同僚らは焦りだす。

劇中噂されていた郵便配達員を演じたのは、お笑い芸人の松本人志さん。バラエティ番組でボケて笑いをとるイメージと劇中のギャップの大きさで、CMを見た日本郵便の社員も、松本さんが演じていると言われるまで気づかなかったほど。

同社郵便・物流営業部長唐木徳子さんは、オリエンテーション以前の課題を ...

あと77%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

心に残ったプレゼン術 の記事一覧

存在感際立つゆうパック配達員のキャラクター(この記事です)
「ふたりでナブコ♪」のCM誕生の舞台裏
”一冊まるごとローラ”の冊子を作成
情報共有のスピードと引き出しの量―坂上忍主演CM「潔癖刑事」の舞台裏
GREEN SHOWERの持つ”未知感”を伝える
作り手のこだわりとユーザー目線のバランス感

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る