IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

心に残ったプレゼン術

”一冊まるごとローラ”の冊子を作成

岩崎 奨







グライダーアソシエイツが運営するキュレーションメディアサービス「Antenna(アンテナ)」が、5月に初めてテレビCMをオンエアした。モデルのローラさんが出演し、「指図されたいオンナ」「満たされないオンナ」「確かめるオンナ」という3パターンの女性像を演じ分けている。この企画は、2社コンペでプレゼンが行われ、博報堂の企画案が採用された。

CMオンエアの2ヶ月前の3 月、Antenna 活用術を紹介するライフスタイルマガジン「clip!」を同社が発売。そのカバーガールにローラさんを起用していたことから、オリエンテーションでは、ローラさん出演のテレビCMを2ヶ月後にオンエアすることを提示した。博報堂の企画案に決めた理由として、同社の岩崎奨さんは、1つ目に、キュレーションメディアが増えてきた中、マーケティング戦略を踏まえた上でAntenna の立ち位置を示したこと。2つ目に、ローラさんがこれまで見せてこなかった新しい女性像を通して、Antenna の機能というよりも世界観を伝えるCMの提案をしたこと。3つ目に、博報堂のクリエイティブディレクター岡田文章さんたちの「AntennaのCMをつくりたい」という情熱を強く感じたことを挙げる。「特に、ローラさんへの情報収集の熱意には驚きました。雑誌のムック本のようなクオリティで、各メディアから抜粋したローラさんの語録“一冊まるごとローラ〞の冊子を準備してくれました」と博報堂ケトルの石原篤さんが企画した冊子について振り返った。

プレゼン後さらに求めたのは、Antenna らしいセンスの良さと…

あと56%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

心に残ったプレゼン術 の記事一覧

”一冊まるごとローラ”の冊子を作成(この記事です)
情報共有のスピードと引き出しの量―坂上忍主演CM「潔癖刑事」の舞台裏
GREEN SHOWERの持つ”未知感”を伝える
作り手のこだわりとユーザー目線のバランス感
美女が頭突きで瓦割り!――クレディセゾン新CMの制作舞台裏

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る