IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

心に残ったプレゼン術

情報共有のスピードと引き出しの量―坂上忍主演CM「潔癖刑事」の舞台裏

鯉谷 淳



ネット注文で衣類クリーニングの受け渡しが完結できるサービス「Lenet(リネット)」が、初めてCMをオンエアした。登場したのは、最近人気急上昇中の坂上忍さん。CMで坂上さんはキレイ好きキャラを活かして、潔癖症の刑事を演じている。事件現場の捜査でドアノブに直接手を触れることができなかったり、ワイシャツが血で汚れて逆ギレしたり、そのキャラとユニークなストーリーが話題を集めた。

同社が今回初のCMに踏み切ったのは、新しいサービスを競合企業に先駆けて発信するため。当初、CMの開始は2015年を予定していたが、坂上さんの起用が可能となり、1年前倒しで制作を進めた。「ユーザーがクリーニング店を選ぶポイントは利便性、価格、品質。その中で品質のよさを訴求するためには、当初、清潔感のあるアナウンサーやお天気キャスターの起用を検討していました」と、同社リネット事業部部長 鯉谷淳さん。

制作は、旧知のクリエーティブディレクター HaruHaruさん ...

あと70%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

心に残ったプレゼン術 の記事一覧

情報共有のスピードと引き出しの量―坂上忍主演CM「潔癖刑事」の舞台裏(この記事です)
GREEN SHOWERの持つ”未知感”を伝える
作り手のこだわりとユーザー目線のバランス感
美女が頭突きで瓦割り!――クレディセゾン新CMの制作舞台裏
イメージを刷新 物流の実現力を描いた佐川急便のCM

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る