IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

心に残ったプレゼン術

「ふたりでナブコ♪」のCM誕生の舞台裏

ナブテスコ



小学校に転入してきたのは、双子の女の子。ちょっと変わった彼女たちは、顔に自動ドアでおなじみの青いマークを貼り付けている。自分たちの存在を一生懸命アピールするが、クラスメートもウサギも気に留めてくれない。劇中には「私たちふたりでナブコ。存在感が薄いの♪」とネガティブな歌が流れる…。

これは、7月からオンエアされたナブテスコの、自動ドアブランド「ナブコ」認知拡大を目的としたCM。同社がテレビCMを新しく制作したのは、2年前オンエアした「ハローナブコ」篇以来となる。

自動ドアに貼ってある青いマークのステッカーは認識されているが、その真ん中にナブコのロゴが入っていることを認識している人は多くない――。この課題解決をするため、また、ブランドのさらなる強化に向けて、これまで継続して取引のあった広告会社も含め、同社としては初のコンペを実施した。

満場一致で採用されたのは ...

あと71%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

心に残ったプレゼン術 の記事一覧

「ふたりでナブコ♪」のCM誕生の舞台裏(この記事です)
”一冊まるごとローラ”の冊子を作成
情報共有のスピードと引き出しの量―坂上忍主演CM「潔癖刑事」の舞台裏
GREEN SHOWERの持つ”未知感”を伝える
作り手のこだわりとユーザー目線のバランス感

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る