IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

デザインのロジカルプレゼン

デザインのロジックにはかけ算の飛躍が必要

石井原(ネアンデルタール)

石井 原

ネアンデルタール

いしい・げん
博報堂、風とバラッドを経て2011年ネアンデルタールを設立。ビームス「恋をしましょう」、日清カップヌードル「SURVIVE!」、宝島社企業広告シリーズなど。
http://www.neandertal.jp

「ロジカルにデザインを組み立てたり、プレゼンをしようと思ったことはない」と語るネアンデルタールの石井原さん。
まずゴールであるアウトプットのイメージをつかみ、後から理屈という名のハシゴを地面へと下ろしていく。
そこから飛躍したロジックが生まれ、デザインが予想外の驚きを生み出すのだという。

最初にゴールをイメージする

僕の仕事の多くは、オリエンを受けた段階で、その企画やアイデアが8割ほどは固まります。そこで見えているのは表現案というよりは、こういうことをやればいいんだというゴールイメージ。この課題が何を求めていて、どんな答えがふさわしいのかが、ぼんやりと見えるんです。

つまりデザインの組み立て方としては、土台から理屈をこつこつ積み上げて正しい答にたどり着くというより、まずいきなりアウトプットをイメージするわけです。どんな色がいいんだろうとか、どんな音楽が似合うんだろうとか、真面目な商品をあえて可愛くしたらどうなるんだろうとか、どんな手触りで世の中に伝わっていくのがいいんだろうとか。そういうふうに、頭の中で抽象的なイメージをかけあわせる遊びのようなところからはじめます。

あと83%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

デザインのロジカルプレゼン の記事一覧

ラフォーレ原宿に聞く 広告ビジュアルの判断基準
社員で投票 多数決で広告ビジュアルを決める
ニュートラルな発想が正しいロジックを生む
複雑なサービスをピクトグラム化して提案
教えて先輩!プレゼン現場発の"あるある"お悩み
クライアントとクリエイター、日常の関係性がプレゼンの鍵
ロジックでは大きな方向性を伝える
デザインのロジックにはかけ算の飛躍が必要(この記事です)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る