IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

デザインのロジカルプレゼン

社員で投票 多数決で広告ビジュアルを決める

東京メトロ

役割の異なる3種類の広告を掲出している東京メトロ。それぞれが正確に機能して初めて、全体としての東京メトロのイメージを形成する。そのため表現そのものよりも、いかに広告としての目的を達成するかというロジックを重視している。

01 「Color your days.」ポスター。「東京には、リセットできる場所がある。」「東京には、力をくれる場所がある。」といったパターンもある。
02 「メトロは、すすむ。すすめる。」ポスター
03 「安全。安心。メトロの目」ポスター

アウトプットへの道筋を見る

さまざまな部門の社員が採点者として参加し、審査をする。これが、東京メトロがプレゼンを受ける際のスタイルだ。地下鉄を利用するすべての生活者をターゲットとしていること、そして個人の主観ではなく客観的に判断をするために、この方法を採用している。

あと75%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

デザインのロジカルプレゼン の記事一覧

ラフォーレ原宿に聞く 広告ビジュアルの判断基準
社員で投票 多数決で広告ビジュアルを決める(この記事です)
ニュートラルな発想が正しいロジックを生む
複雑なサービスをピクトグラム化して提案
教えて先輩!プレゼン現場発の"あるある"お悩み
クライアントとクリエイター、日常の関係性がプレゼンの鍵
ロジックでは大きな方向性を伝える
デザインのロジックにはかけ算の飛躍が必要

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る