販売促進の専門メディア

「進撃の巨人」 人気アニメ × 販促のパワー

『進撃の巨人』、企業タイアップが一気に増えた理由は?

電通アニメ部がアニメファン向けイベントで設置した高さ約4メートルの超大型巨人バルーン。「劇中登場人物のコスプレーヤーも配しSNSで拡散されました。現在バルーンは、タイアップ企業の販促や、国内外のアニメイベントでも使用されています」(電通テック コンテンツ・ソリューション部 岡田大将氏)。

アニメ『進撃の巨人』が放映されたのは2013年4月からの2クール。関東地区ではTOKYO MXでアニメ番組の新枠を切り開いての放映だった。「23時半開始と深夜アニメの中では時間が早いのは従来のアニメファン以外にもターゲットを広げるため」。こう話すのはアニメ出資社である電通のアニメ部今井陽介氏。同部ではアニメ化を盛り上げるため放送直前に「アニメコンテンツエキスポ」でブースを出展。超大型巨人の頭部(実寸大)のバルーンを制作し、アニメファンを沸かせた。

「さまざまな企業とのタイアップも、作品の人気を押し上げる要因」と今井氏は分析する。テレビCMや店頭などで、キャラクターの露出が増えれば、アニメの認知度向上にもつながる。だがアニメ放映前の企業の反応は芳しくなかった。ダジャレやこじつけでセールスもし、ほとんど相手にされなかったという。その後、放映開始から1カ月を過ぎる頃、アニメのクオリティの高さが評価され状況は一変。作品の人気とともにタイアップの問い合わせも増え始める…

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

「進撃の巨人」 人気アニメ × 販促のパワー の記事一覧

『進撃の巨人』タイアップの依頼は2千件以上、コンテンツホルダーが企業に求めることは?
6万人以上が脱出に挑戦!人に語りたくなる体験とは?
『進撃の巨人』『ONE PIECE』『エヴァ』キャラクターパワーの違いは?
『進撃の巨人』、企業タイアップが一気に増えた理由は?(この記事です)
ファンの要求レベルを超えた広告が話題に
キャラクタータイアップでファンを魅了する方法
コレクション欲を刺激する『進撃の巨人』グッズ
流通で大規模な売り場を獲得、動画再生は346万回
スマホスタンプラリーで新規顧客を送客、2万人を秩父エリアへ!
『進撃の巨人』起用の理由や反響は?(UHA味覚糖、セガ エンタテインメント)
JRA「進撃の有馬記念」人気投票67億票 ユーザーのフリに応えて原作キャラが…
『進撃の巨人』起用キャンペーン、仕掛け人の目の付け所は?(後篇)
『進撃の巨人』起用キャンペーン、仕掛け人の目の付け所は?(前篇)
10段重ねの大型バーガー投入―『進撃の巨人』×ロッテリア 販促パワー検証
『進撃の巨人』起用の理由や反響は?(富士重工業、大正製薬)
キャンペーン対象商品が即完売、『進撃の巨人』×ローソン 販促のパワー検証

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する