広告マーケティングの専門メディア

EDITOR'S PICK キャンペーン

まぐろ、にわとりによる長年の抗争の末「シーチキンチキン」誕生

はごろもフーズ・プリマハム「シーチキンチキン」キャンペーン

はごろもフーズとプリマハムは、きはだまぐろの「シーチキン」と、プリマハムの「サラダチキン」を組み合わせた製品「シーチキンチキン」の発売開始に伴い、プロモーションサイトをオープンした。

「シーチキン」と「サラダチキン」がまさかのコラボレーション!

はごろもフーズとプリマハムは、はごろもフーズの主力製品であるきはだまぐろの「シーチキン」と、健康志向やダイエットブームから近年急成長しているプリマハムの「サラダチキン」を組み合わせた製品「シーチキンチキン」を発売した。発売を記念して、9月26日には「シーチキンチキン」のおいしさや魅力を楽しみながら感じられるプロモーションサイトもオープン。

「シーチキンチキン」とは、シーチキンに使用している、きはだまぐろのフレークと、プリマハムのサラダチキンのフレークを1対1の割合で合わせた製品だ。

今回コラボレーションに至った経緯について、はごろもフーズ事業戦略室の間真司氏は、「両社ともに2019年で創業88周年を迎えたという縁もあった」と話す。プロモーションでは「『シーチキンチキン』の魅力や、これまでにないおいしさを楽しい驚きとともに伝えたい」との思いから、映像を活用することに決めた。

「これまで『シーチキン』をあまり食べたことがない、そもそもあまり量販店の缶詰売場へ行かない若い世代の方々にも、身近に感じていただきたい、手に取っていただきたいと考えました」(間氏)。

ストーリーは、コラボの背景や製品の意外性を踏まえた。

1931年、とある缶詰所がまぐろを油漬にした缶詰を大量に生産。後に「シーチキン」と命名され、それを耳にしたにわとりが、「魚がチキンを名乗るとは!」と、88年にもわたる長い抗争を繰り広げ、最後に合体して『シーチキンチキン』が誕生。戦いに終止符が打たれた、というストーリー …

あと68%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

EDITOR'S PICK キャンペーン の記事一覧

まぐろ、にわとりによる長年の抗争の末「シーチキンチキン」誕生(この記事です)
チョコレートの要素を盛り込み 9名の人気作家が書き下ろし
社長を「ヤフオク!」に出品!? 前代未聞の試みで認知度向上
西島先輩と伊藤くんがひとつのCMで2つの商品を訴求
水原希子さんを起用し『ジブンらしさの解放』を表現
商品名を一切記載しない問いかけのみの駅貼り広告で勝負
夏休みを乗り越えたお母さんたちへ しんちゃんのつぶやきが反響呼ぶ
首都圏での認知度向上を狙い対象商品全ての棒を「はずれ」に
旅行での使い方、無限大!ジップロック(R)が使用法を伝授
自由度の高い『遊び』で仲間との日常を盛り上げる
スパイシーな「どん兵衛」で刺激的な夏を取り戻せ!
「スコール」が『Popteen』と初コラボ 『女子高生』にフォーカスし拡散狙う
若者に向けてYouTuberを主軸に 「ピノ」の未知の美味しさを探求
KIRINシンボルの意味を伝える お絵描き一本勝負!

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する