広告マーケティングの専門メディア

EDITOR'S PICK キャンペーン

首都圏での認知度向上を狙い対象商品全ての棒を「はずれ」に

竹下製菓「ブラックモンブラン50周年記念ハズレ棒キャンペーン もう誰も悲しませないはずれ棒」

首都圏限定で「ブラックモンブラン50周年記念ハズレ棒キャンペーン もう誰も悲しませないはずれ棒」を7月22日より実施。

九州では知名度9割強も首都圏ではわずか1割

竹下製菓は、九州で人気を博している同社製造のアイス「ブラックモンブラン」の首都圏での知名度向上を目指し、首都圏限定で「ブラックモンブラン50周年記念ハズレ棒キャンペーン もう誰も悲しませないはずれ棒」を7月22日から開始した。

ブラックモンブランが発売から50周年を迎えるのを機に、竹下製菓は全国で認知度調査を行ったところ、福岡では100%、長崎96%、熊本92%と九州では予想通りの高い認知率だったのに対し、東京や千葉ではわずか12%、埼玉に至っては8%という結果となり、首都圏では「ほぼ知られていない」状態だということが分かった。

そこで首都圏で販売する対象商品全ての棒を「はずれ」にしてしまう思い切ったキャンペーンを実施。その名も「もう誰も悲しませないはずれ棒」。はずれ棒には「祝・はずれ」の焼印を押す工夫を凝らしたほか、はずれを引いてもクスッと笑って楽しんでもらえるオリジナルコンテンツを盛り込んだ。

キャンペーンを企画した理由について、オレンジ・アンド・パートナーズ 企画プランニングDivの小山優氏は、「ブラックモンブランは佐賀県の竹下製菓の商品で、九州ではソウルフード的存在として広く知られ、多くの人たちの思い出に寄り添ってきました。さらに首都圏でもっと愛されるためには、どうすべきかと考えた結果、あたり棒が特徴のブラックモンブランですが、もしかしたら、はずれ棒が引いてしまった人たちに残念な思いをさせてしまっているのではないか、ということに気が付きました。そこで、はずれ棒を引いてもクスッと笑えて悲しい気持ちで終わらせないブラックモンブランを開発しました」と話す …

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

EDITOR'S PICK キャンペーン の記事一覧

首都圏での認知度向上を狙い対象商品全ての棒を「はずれ」に(この記事です)
旅行での使い方、無限大!ジップロック(R)が使用法を伝授
自由度の高い『遊び』で仲間との日常を盛り上げる
スパイシーな「どん兵衛」で刺激的な夏を取り戻せ!
「スコール」が『Popteen』と初コラボ 『女子高生』にフォーカスし拡散狙う
若者に向けてYouTuberを主軸に 「ピノ」の未知の美味しさを探求
KIRINシンボルの意味を伝える お絵描き一本勝負!
ピルクルとコラボ企画第2弾 HIKAKINが子どものヒーローに
肌の悩みに寄り添う「ビューネくん」 目指したのはユーザーとの対話性
「スシロートレイン」を導入 山手線を世界一大きな回転すしに
スニッカーズ お腹がへったアイドルたちを楳図かずお氏が描き下ろし
「料金÷(展示数×体験)=思い出」 シーパラがコスパ最高宣言!
「ごきげんよう」コンビが復活!『ゾンビ臭』から世界を救う

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する