広告マーケティングの専門メディア

EDITOR'S PICK キャンペーン

商品名を一切記載しない問いかけのみの駅貼り広告で勝負

ロート製薬「#日本で一番売れてる化粧水は?」

ロート製薬は「肌ラボ」のプロモーションとして「日本で一番売れてるシリーズの化粧水」のキャンペーンを実施した。

12年連続売上No.1のロングセラーブランド

ロート製薬は、自社のブランド「肌ラボ」のプロモーション「日本で一番売れてる化粧水シリーズ」の一環として、8月8~25日の期間限定で「日本で一番売れてるシリーズの化粧水」が当たるTwitterキャンペーンを実施。それに連動し、8月19~25日まで、駅貼り広告を新宿駅と阪急梅田駅にて掲出した。

「肌ラボ」は販売開始から15年もの間、スキンケアの原点である保湿にこだわり、12年連続で売上No.1を記録。駅貼り広告では、「#日本で一番売れてる化粧水は?」とだけ記載された商品名のない広告を東京メトロ丸ノ内線新宿駅メトロプロムナードと、阪急梅田駅うめばなに掲出。正体が分からないまま立ち並ぶインパクトのある広告は通行者たちの注目を集めた。

本キャンペーンについて同社メディア&プロモーション部の墨田康男氏は、「長く親しまれてきたロングセラーブランドゆえの、他者にまねできない資産をいま一度堂々と訴求したかった」と話す。

一方、ロングセラーブランドならではの課題も抱えていたという。「売上No.1はキープしつつも、その事実はあまり知られていませんでした。それと同時に、肌ラボブランドのイメージ的な鮮度も低下しているのではないかという懸念もありました。そのため、改めてニッポンの肌に支持されてきた肌ラボのすごさに気付いてもらうことで、注目度の上昇を狙いました」(墨田氏)。

そこで、実績をより強く印象付けるための第一段階として、「日本で一番売れてる化粧水は?」と問いかけるティザーコミュニケーションを展開。「一度考えてもらうことで、答えを知ったときに驚きや納得とともに、『肌ラボ』『極潤』が強く印象に残るのではないかと考えました」(墨田氏) …

あと66%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

EDITOR'S PICK キャンペーン の記事一覧

水原希子さんを起用し『ジブンらしさの解放』を表現
商品名を一切記載しない問いかけのみの駅貼り広告で勝負(この記事です)
夏休みを乗り越えたお母さんたちへ しんちゃんのつぶやきが反響呼ぶ
首都圏での認知度向上を狙い対象商品全ての棒を「はずれ」に
旅行での使い方、無限大!ジップロック(R)が使用法を伝授
自由度の高い『遊び』で仲間との日常を盛り上げる
スパイシーな「どん兵衛」で刺激的な夏を取り戻せ!
「スコール」が『Popteen』と初コラボ 『女子高生』にフォーカスし拡散狙う
若者に向けてYouTuberを主軸に 「ピノ」の未知の美味しさを探求
KIRINシンボルの意味を伝える お絵描き一本勝負!
ピルクルとコラボ企画第2弾 HIKAKINが子どものヒーローに
肌の悩みに寄り添う「ビューネくん」 目指したのはユーザーとの対話性
「スシロートレイン」を導入 山手線を世界一大きな回転すしに

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する