広告マーケティングの専門メディア

AdverTimes DAYS レポート

ダイバーシティを経営資源に多様性をビジネスに生かすヒントとは?

東レ×プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン

「経験と構想をシェアする2日間―マーケティング界“大収穫祭”」と題して行われたアドタイ・デイズ2019(秋)。「企業・ブランドの顔になるコピーづくり」「産業としての広告界の未来」「トップCDOが考えるデジタルマーケティングの本質」「20代だからこそできる?10代~around20 マーケティング」など、さまざまなテーマで登壇者が講演、対談を行った。また会場では、「第11回販促会議企画コンペティション(販促コンペ)」の受賞作品の展示を行うなどの企画も行った。当日のセミナーの一部をレポートしていく。

(写真左から)東レ 宣伝室長 幼方聡子氏、プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン ヒューマン・リソーシス アソシエイト ディレクター 臼田美樹氏。

多様性=女性躍進だけではない

昨今、さまざまな企業で「ダイバーシティ(多様な人材の活用)」が謳われる中、それが「女性躍進」の文脈でばかり語られたり、制度化ばかりが進んで形骸化したりすることへの問題意識も高まっている …

あと73%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

AdverTimes DAYS レポート の記事一覧

短期間で次々と新事業を創出 損保ジャパンの変革をいかにして推進しているのか?
中国のデジタライゼーションに見る 未来に「当たり前」になる世界
顧客のインサイト把握できていますか? デジタル時代の顧客理解のアプローチ
ダイバーシティを経営資源に多様性をビジネスに生かすヒントとは?(この記事です)
ラグビーから学ぶビジネスの組織論 重要なのは「大義」と「動機」
お笑いと広告をクリエイティブに読み解く 共通点は「人の感情を動かす」こと
マーケティングを他ビジネスで活用 マーケターの視点はどのように生きるのか?
人気連載「R30のホープたち」が出張 若手マーケターが語るマーケティングとは
デジタルで変わるマスメディア これからのブランドコミュニケーションとは
データ・ドリブンなマーケティング施策で価値を可視化し、スピーディな意志決定を
進む「感情の可視化」をマーケティングにどう活用する?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する