広告マーケティングの専門メディア

宣伝部長に聞く「令和」時代の広告戦略

マーケターを作業から解放しクリエイティビティを発揮するAI活用

藤平大輔氏(ソフトバンク)

AIなど最新技術の導入によって、組織内のあらゆる場面で業務の自動化が進んでいる。この潮流は、宣伝部にも及んでいる。自社でAI開発も行い、なおかつマーケティング・コミュニケーションの仕事にも取り入れる、ソフトバンクの藤平大輔氏にAIが宣伝部の働き方をどう変えるのか、話を聞いた。

デジタルの再現性をマス広告でも出していく

ソフトバンクで自社のデジタルマーケティングに携わるほか、他社のデジタルトランスフォーメーション支援事業の責任者も兼務する藤平大輔氏。同氏はテクノロジーの活用により、まず2つの視点でマーケティング部門の働き方改善を実践していると話す。ひとつはAIによるセグメント発見の効率化。もうひとつがRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)による業務の自動化だ …

あと74%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝部長に聞く 「令和」時代の広告戦略の記事一覧

宣伝部長に聞く 「令和」時代の広告戦略の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する