広告マーケティングの専門メディア

宣伝部長に聞く「令和」時代の広告戦略

興味・関心層への投資配分を考える ミッドファネルのマーケティング

田尻祥一氏(デル)

ファネルの入り口部分、認知を獲得できれば、ある程度の売上が期待できるような時代ではなくなっている。認知のその先、購買に至るまでのミッドファネルの戦略を緻密に描いて実行することが求められている。最近、ミッドファネルに注力したマーケティング戦略を実施している、デルの田尻祥一氏に、その取り組みと狙いについて聞いた。

ボトルネックを見つけて投資配分を最適化する

パソコン・モバイル端末からシステムサービスに至るまで包括的なITソリューションを提供しているデル。その中でも田尻祥一氏はコンシューマー及び中小企業向け商品のマーケティングを統括。「ブランド力の向上と収益性を伴う成長の達成を目標に、投資効率の最大化を目指しています」と、その戦略を話す。

マーケティング投資効率を最大化するためにはファネル内の各ステージ別にKPIを設定。その上で、施策全体を通じてボトルネックとなっている個所をみつけ、投資が必要な場面を判断していく必要がある …

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝部長に聞く 「令和」時代の広告戦略の記事一覧

宣伝部長に聞く 「令和」時代の広告戦略の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する