広告マーケティングの専門メディア

ミレニアル世代が親になったら?新・子育て世代の「家計と消費」

ミレニアル世代が求める暮らしを実現 住宅も「コト」提案を目指す

越後貴史氏(新昭和FCパートナーズ)

住宅フランチャイズビジネスを手掛ける、新昭和FCパートナーズが開発したミレニアル世代向けの住宅「VARY'S(バリーズ)」。新ブランド立ち上げの背景にある企画意図や、世代の特徴を押さえた広告宣伝戦略を聞きます。

ラグジュアリーでナチュラルというミレニアル世代のニーズに応えるライフスタイルを提案。

ミレニアル世代のニーズを押さえた"アウトドアハウス"を開発

全国で170店舗を展開する住宅フランチャイズ「クレバリーホーム」を手掛ける新昭和FCパートナーズは、新たな住宅ブランド「VARY'S(バリーズ)」を立ち上げ、4月1日より、一般加盟募集を開始した。これまでクレバリーホームで培った住宅フランチャイズビジネスのノウハウを集結し、ミレニアル世代にターゲットを絞ったビジネスモデルを構築することで、新たなマーケットの開拓を目指したい考えだ。

「VARY'S」とは豊かに生きるためのバリエーション(VARIATION)ハウス(=VARY'S)から名付けられた。コンセプトは、"無理せずに、自分たちのスタンスで、自然を楽しむ家"。なんでもない週末が特別な週末になる暮らしを提案している。

「VARY'Sのターゲットは、ミレニアル世代です。1980年代から2000年生まれのミレニアル世代は現在、世界人口の3分の1を超え、今後の住宅業界の圧倒的なターゲットになると予測されている世代でもあります。このミレニアル世代の特徴は、モノよりコト重視、SNSで情報収集を行う、堅実で慎重、良いものを長く使う、ライフスタイルや個性を尊重などの傾向が見られます。また、近年見られるアウトドアブームの影響もあり、子育て世代にとっては『幼少期に自然体験をさせたい』と都心から郊外へのプチ移住のライフスタイルが求められていると感じています」と同社の越後貴史氏は分析する。

このミレニアル世代のニーズに応えるため、ラグジュアリーでナチュラルな暮らしを目指す、大人のためのアウトドアハウスを開発した …

あと67%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ミレニアル世代が親になったら?新・子育て世代の「家計と消費」の記事一覧

ミレニアル世代が親になったら?新・子育て世代の「家計と消費」の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する