広告マーケティングの専門メディア

ミレニアル世代が親になったら?新・子育て世代の「家計と消費」

共働き夫婦は、イベント重視 歳時記を生かしたライフスタイルを提案

本多智宏氏(ファイブフォックス)

1993年に登場したファミリー向けのアパレルブランド、「コムサイズム」。共働きが多く忙しい分、子どものイベントごとを大切にしているという現在の子育て世代。ファッションを通じて、親子一緒に楽しめるライフスタイル提案のポイントを聞きます。

大人と同じトレンドを取り入れた商品開発を行う。

日本の行事にまつわる店舗内でのイベントも企画

1976年に設立されたアパレルブランド「コムサデモード」を皮切りに、多くのブランドを展開しているファイブフォックス。中でも1993年にファミリー向けブランドとして設立された同社のブランド「コムサイズム」は、幅広い世代のファミリーに親しまれているブランドだ。

「コムサイズム」のブランドコンセプトは、"ああ、美しき日本の暮らし"。家族の絆をテーマに、レディース、メンズ、キッズ、ベビーのウェアのほか、生活雑貨も展開している。

「コンセプトに"美しき日本の暮らし"とあるように、季節の行事など、日本の歳時記を大切にし、家族のライフスタイルを提案しています」と話すのは、同社 イズムグループ チームコムサイズム レディースブランドリーダーの本多智宏氏だ。

「コムサイズム」はショッピングセンターを中心に店舗を展開。全店ではないものの、店内に"友だちの輪"と呼ばれる小さなテーブルと椅子があるスペースを設置 …

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ミレニアル世代が親になったら?新・子育て世代の「家計と消費」の記事一覧

ミレニアル世代が親になったら?新・子育て世代の「家計と消費」の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する