広告マーケティングの専門メディア

宣伝会議賞

谷山雅計さん・秋山具義さんが明かす、第55回宣伝会議賞ポスターに込めた思い

7月末、都内某所で行われた「宣伝会議賞」のメインジュアルの撮影。例年は人物にぐっと寄った“静的”なイメージを採用することが多かったが、今年は一転して“動的”なビジュアルとなった。長い手脚を大きく広げてジャンプしたり、ワンピースの裾をひらめかせながらこちらを振り向いたり……自由に動き回る八木莉可子さんの一瞬の煌きを捉えたカットは、どれも躍動感に満ちている。クリエイティブディレクターの谷山雅計氏、アートディレクターの秋山具義氏に、デザインの意図・狙いを聞いた。

──撮影を終えていかがですか。

谷山:八木さんには、昨年「コピーライター養成講座」のポスターに出演いただき、その時は“静”のイメージで撮影しました。一方、今回は彼女の躍動感、自然な動きを撮りたいと思っていました。こちらが何も言わなくても、キレイな動きをしてくれましたね。

秋山:圧倒的なオーラに驚きました。短期間のうちに、人間としてスケールが大きくなったことが伝わってきました。人って、きっかけひとつでぐっと伸びることがある。「宣伝会議賞」も、人が伸びるチャンスのひとつだと思います。それを表現する上で、今まさに大きな伸びを見せている八木さんに出演いただいて良かったと感じています。「コピーライター養成講座」も「宣伝会議賞」も、これまでは人物に寄った写真を使うことが多かったのですが、今回は引きで撮ったことで、八木さんのスタイルの良さや存在感を生かすことができました。

──ビジュアルのコンセプトは。

秋山:谷山さんから事前にいただいたコピー案は、力強いものが多かった。それを見て、この世の中で「コピー1本で勝負する」って、カッコいいなと改めて思いました。たくさん書いて「どれかが当たればいいな」よりも、「この1本で勝負するぞ」と強い気持ちで応募してもらえたらなという思いを込めています。

谷山:「宣伝会議賞」には、いろいろな立場の人が応募すると思うんです ...

あと64%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝会議賞 の記事一覧

コトバの持つ力を、コピーで感じよう。「中高生部門」、今年も開催します!
第54回「宣伝会議賞」応募作品から実際に広告化した事例を紹介!
勇気を出して一歩踏み出せば、想像もしなかった未来にたどり着ける-八木莉可子さん
谷山雅計さん・秋山具義さんが明かす、第55回宣伝会議賞ポスターに込めた思い(この記事です)
第55回宣伝会議賞 作品募集開始!
第54回宣伝会議賞、贈賞式の各シーンを紹介!
第54回宣伝会議賞、ファイナリスト発表!
第54回宣伝会議賞、シルバー・主催者特別課題受賞者発表!
オール3Dプリンターで実現!宣伝会議賞「新」トロフィー制作レポート
第54回宣伝会議賞受賞者の喜びの声を聞く―コピーゴールド、CMゴールド、眞木準賞
第54回宣伝会議賞 最終審査員が語る「審査を終えて」
第54回宣伝会議賞 グランプリ受賞者による「喜びの声」
「第54回宣伝会議賞」贈賞式レポート―40万作品の頂点に輝いたのは?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する