広告マーケティングの専門メディア

宣伝会議賞

コトバの持つ力を、コピーで感じよう。「中高生部門」、今年も開催します!

「宣伝会議賞」では、前回より応募資格を中学生・高校生に限定した「中高生部門」を新設しました。中学生・高校生の皆さまにも、広告コピーとの関わり合いを通じて、コトバの魅力やパワーを実感し、もっと活用してもらいたい。こうした思いから、本部門を立ち上げ、昨年は1287作品の応募がありました。自由な視点で課題に取り組み、それぞれの感性を生かしながらコトバを考え、磨き上げる。本部門が、そんな機会になれば幸いです。皆さまのご参加を、お待ちしております!

■応募資格

応募締切日の11月6日時点で、国内外の中学校・高等学校(通信制含む)に所属する方

※応募対象外の方からのご応募は無効といたします。審査過程でご本人確認をさせていただく場合がございます。

■応募締切

11月6日13:00

■贈賞内容

グランプリ1点、準グランプリ1点、ゴールド1点、シルバー1点、ブロンズ1点、協賛企業賞9点(各社1点)

■応募方法

協賛企業

    アサヒ飲料


    キミが友だちにSNSを使って三ツ矢サイダーを飲みたくさせるアイデア

    インテージ


    キューモニターを知らなかった人でも、やってみたくなるキャッチフレーズ

    河合塾


    忙しくても、河合塾なら通いたくなる、魅力あふれるキャッチフレーズ

    カンコー学生服


    カンコーの洗える制服をすすめたくなるキャッチフレーズ

    マテル・インターナショナル


    UNO(ウノ)が毎日したくなるようなキャッチフレーズやアイデア

    吉野家ホールディングス


    吉野家に行きたくなるとき!~吉野家の魅力について表現するアイデア

    読売中高生新聞


    スマホ世代に、新聞の魅力をガツンと伝えるアイデア

    留学ジャーナル


    留学を考えたことがない友達が、留学をしたくなるキャッチフレーズ

    レオパレス21


    「学生のひとり暮らしといえば、レオパレス」を想起させるキャッチフレーズ

審査員

僕がコピーライターになりたいと思ったのは、高校2年生の夏でした。けれど、当時は何をしたらいいのか全くわからなかった。今は、この賞があります。あなたがもし、広告コピーに少しでも興味を持ってこの言葉を読んでくれているとしたら、ぜひ挑戦してほしいです。あなたを待ち受けているのは、「決して答えが出ないこと」に頭を使う楽しさ。学校の授業とは一味違うその刺激は、もしかしたら、あなたの未来さえ変えてしまうかもしれませんよ。

審査員長 渡辺潤平社 コピーライター 渡辺潤平
1977年生まれ。早稲田大学教育学部卒業後、博報堂、groundを経て渡辺潤平社設立。最近の仕事にGYAO!「キンキカイキン!」、関ジャニ∞「完熟新作」、私立恵比寿中学ツアーポスター、B.LEAGUE新聞広告シリーズ、千葉工業大学「求む、宇宙人。」、渋谷パルコ「Last Dance_」、日経電子版「田中電子版」など。京都精華大学非常勤講師。雑誌公募ガイドにて「コピトレ!」連載中。

広告とかコピーとか、よくわからないけど、言葉のことが気になる。そんなあなたに向けて書きます。もしもコピーを考えられたら、「この指とまれ」と、仲間を集めることができるかも。「ごめんね」や「ありがとう」をうまく伝えられるし、好きな人を上手にデートに誘えるかも。言葉を企画すると、未来が変わります。たとえ1本でも、あなたのコピーを待っています。

電通 コピーライター 阿部広太郎
1986年生まれ。2008年電通入社。コンテンツビジネス・デザイン・センター所属。「世の中に一体感をつくる」という信念のもと、言葉を企画し、コピーを書き、人に会い、繋ぎ、仕事をつくる。宣伝会議コピーライター養成講座「先輩コース」講師。BUKATSUDO講座「企画でメシを食っていく」主宰。初の著書『待っていても、はじまらない。ー潔く前に進め』(弘文堂)を出版。

今、この文章を読んでいる、ということはきっと広告好きな方なんですよね。誰でも言葉を発信できる時代に、広告コピーにチャレンジしようとするなんて。しかも、お若いのに。なかなかの変わりものですね。いいですね。私、そういう人好きです。あなたの書く1本、楽しみにしています。

電通 コピーライター 佐藤舞葉
1984年生まれ。農学研究科森林科学専攻修了。2010年電通入社。2013年電通北海道出向。現在、電通第3CRP局所属。主な担当クライアント:KDDI、ゆうちょ銀行、日清、ペルフェッティ・ヴァン・メレ・ジャパン・サービス、東京マラソン財団、富士急行、アインズ&トルペ、パイロット、ライオン。TCC会員。

広告コピーは、客観的な視点が大事です。この台詞を言われて、果たして自分は動くかな?と自問自答を忘れずに!絶対いらないものがめちゃくちゃほしくなる、無関心が大好きになる、魔法の言葉を待っています!

博報堂 CMプラナー/ディレクター 中塚未央
2007年博報堂入社。以降、CMプラナーとして数多くのCM企画を担当。最近の仕事は、ShopJapanワンダーコア、NTTドコモのdTV/dマガジン/dヒッツ、森永製菓ハイチュウのテレビCMなど。主な受賞歴は、ACC、TCC新人賞、アドフェストフィルム部門シルバー、電通賞、ギャラクシー賞など。

言葉で溢れる時代に、それでも届く言葉ってなんだろう。僕はこう思う!私ならこう書く!自由に書きなぐってください。今だからこその言葉、楽しみにしています。

meet&meet コピーライター 小藥元
1983年1月1日生まれ。早稲田大学卒業後、2005年博報堂入社。2014年、meet&meet設立。meet Inc.代表取締役。これまでの主なコピーに、池袋PARCO「変わってねえし、変わったよ。」、サントリーこくしぼりプレミアム「きょうは、幸福につかろう。」、新生ジーンズメイト「ジーンズは、まだ青い。」、キレートレモン「なりたい人は、わたしの中にいる。」、川崎市「Colors,Future!いろいろって、未来。」、ファミリーマート「Fun&Fresh」、マイケルジャクソン遺品展「星になっても、月を歩くだろう。」。主なネーミングに、モスバーガー×ミスタードーナツ「MOSDO!」、Pana Homeプレミアムオーダーハウス「artim」、ポッカサッポロ「旅茶列島」シリーズなどがある。Kis-My-Ft2「KISS&PEACE」作詞ほか。meet-and-meet.com

特別審査員

お笑い芸人 グランジ
五明拓弥

お笑い芸人 グランジ
遠山大輔

私立恵比寿中学
小林歌穂

    大学生チーム対抗企画のご案内

    「コピーライターの登竜門」として、これまで多くの若手コピーライター・クリエイターを発掘してきた「宣伝会議賞」ですが、近年は学生の方の応募・受賞も増加しています。そこで、第51回から大学生を対象とする「大学生チーム対抗企画」をスタート。ゼミや研究会、サークルなどいつもの仲間と協力してコピーづくりに挑戦し、一次審査の通過本数を競います。

    ■参加資格

    18歳から25歳までの大学生・専門学生・大学院生の方で、2~10人までのチームであること(複数チームのかけもちは不可)。

    ■参加方法

    近日中に「第55回宣伝会議賞」公式サイトにて発表いたします。応募締切は、11月6日13:00です。

    ■審査について

    一次審査の通過本数が最も多い2チームを優秀団体として表彰します。1・2位のチームのメンバーの皆さんは、3月に予定している贈賞式および贈賞パーティーに特別招待します。

宣伝会議賞 の記事一覧

コトバの持つ力を、コピーで感じよう。「中高生部門」、今年も開催します!(この記事です)
第54回「宣伝会議賞」応募作品から実際に広告化した事例を紹介!
勇気を出して一歩踏み出せば、想像もしなかった未来にたどり着ける-八木莉可子さん
谷山雅計さん・秋山具義さんが明かす、第55回宣伝会議賞ポスターに込めた思い
第55回宣伝会議賞 作品募集開始!
第54回宣伝会議賞、贈賞式の各シーンを紹介!
第54回宣伝会議賞、ファイナリスト発表!
第54回宣伝会議賞、シルバー・主催者特別課題受賞者発表!
オール3Dプリンターで実現!宣伝会議賞「新」トロフィー制作レポート
第54回宣伝会議賞受賞者の喜びの声を聞く―コピーゴールド、CMゴールド、眞木準賞
第54回宣伝会議賞 最終審査員が語る「審査を終えて」
第54回宣伝会議賞 グランプリ受賞者による「喜びの声」
「第54回宣伝会議賞」贈賞式レポート―40万作品の頂点に輝いたのは?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する