広告マーケティングの専門メディア

宣伝会議賞

第54回「宣伝会議賞」応募作品から実際に広告化した事例を紹介!

応募作品の中でも、優れた作品は実際に広告化する場合もあります。本ページでは、第54回「宣伝会議賞」で応募いただいた作品の中から広告となった作品をいくつかピックアップし、紹介します。

日清オイリオグループ

平山瑞帆「子どもが苦手なものは一度揚げてみる。」(グランプリ)


第54回「宣伝会議賞」で、応募総数40万2986点の頂点であるグランプリを獲得した作品は「子どもが苦手なものは一度揚げてみる。」(受賞者:平山瑞帆さん)。このキャッチフレーズは実際の広告として展開された。

広告が掲載されたのは、6月10日発行の『リビング新聞』(サンケイリビング新聞社)。同紙の読者ターゲットである「家庭の消費決定権を持つ主婦」に向け、子どもの健康や家族の幸せを願う人に寄り添うブランドとしてメッセージを発信した。

グランプリ受賞作品を活用した広告を制作するに至った経緯について、同社の担当者は次のように話す。「今回の受賞作を受け、人の心に強く響くのは『大切な人への思い』であることを私どもも改めて実感しました。このコピーに触発され、親が子ども(大切な人)の健やかな成長を願う気持ちに寄り添う視点でのコミュニケーション活動をしたいと考えました。

今回の広告は、『苦手なものでも、揚げるとおいしくなる』という魅力を訴求しながら、この悩み解決の一助となることを目的に企画しました。人々の心に届き、変化をもたらすことがコミュニケーション活動の目的であり、宣伝・広告担当の醍醐味です。

コピーの素晴らしさは『グランプリ』という形で証明されていますが、賞だけで終わらせるのではなく、それに基づいた活動をしてこそ、そのコピーが本当の意味で生きると考えています。いただいたコピーがもっと輝くようにと思いながら、今回の企画を行いました」。

受賞コピーは新聞広告に留まらず、イベント企画にまで発展 ...

あと53%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝会議賞 の記事一覧

コトバの持つ力を、コピーで感じよう。「中高生部門」、今年も開催します!
第54回「宣伝会議賞」応募作品から実際に広告化した事例を紹介!(この記事です)
勇気を出して一歩踏み出せば、想像もしなかった未来にたどり着ける-八木莉可子さん
谷山雅計さん・秋山具義さんが明かす、第55回宣伝会議賞ポスターに込めた思い
第55回宣伝会議賞 作品募集開始!
第54回宣伝会議賞、贈賞式の各シーンを紹介!
第54回宣伝会議賞、ファイナリスト発表!
第54回宣伝会議賞、シルバー・主催者特別課題受賞者発表!
オール3Dプリンターで実現!宣伝会議賞「新」トロフィー制作レポート
第54回宣伝会議賞受賞者の喜びの声を聞く―コピーゴールド、CMゴールド、眞木準賞
第54回宣伝会議賞 最終審査員が語る「審査を終えて」
第54回宣伝会議賞 グランプリ受賞者による「喜びの声」
「第54回宣伝会議賞」贈賞式レポート―40万作品の頂点に輝いたのは?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する