広告マーケティングの専門メディア

広告の中の人

清水富美加の人を惹きつける演技の裏にあるロジック

清水富美加

話題のテレビCM制作から映画の脚本や作詞も行う、電通エグゼクティブクリエーティブディレクター澤本嘉光氏と、NHK連続テレビ小説『まれ』でヒロインの同級生・蔵本一子を熱演し、映画やバラエティなど幅広く活躍。今最も注目を集める女優の一人である清水富美加が対談。「よい広告」をつくる上で必要な要素を語ってもらいました。

清水富美加(しみず・ふみか)
1994年東京都生まれ。「レプロガールズオーディション2008」でグッドキャラクター賞を受賞しデビュー。モデルとして活動をスタートし、現在は、舞台、ドラマ、映画と女優として活躍中。2015年には、NHK連続テレビ小説「まれ」へ、ヒロインの同級生・蔵本一子役として出演。2017年4月公開映画「暗黒女子」主演、同年夏公開映画「東京喰種」のヒロイン出演も決定している。2016年10月クールテレビ朝日金曜ナイトドラマ「家政夫のミタゾノ」ヒロイン出演中。
現在契約中のCM広告 コスモ石油、ニベア花王

ヘアメイク/牧田健史 Photo/杉能信介

制約があるからこそ面白い表現が生まれる

足立:澤本さんは大手のクライアントを多数担当されていますが、大きなクライアントだからこその大変さってありますか?

澤本:特に企業規模による差はありません。ただ、昔の自分は大手クライアントのCM制作には向いていないと思っていました。実際入社して10年ほどは全然担当していませんでしたし、どちらかと言えばメジャーなものでなく …

あと77%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告の中の人 の記事一覧

清水富美加の人を惹きつける演技の裏にあるロジック(この記事です)
土屋アンナ、「女優の仕事はアート」 自分の引き出しで人を魅了する
舞台やドラマに引っ張りだこ-岸井ゆきのと語る「これから」
みずみずしく輝く15歳 八木莉可子の魅力とは
玉ねぎみたい!?人気モデル朝比奈彩の魅力
遼河はるひ、宝塚時代に培った基礎力を武器にバラエティで光る

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する