広告マーケティングの専門メディア

マーケティングは、「メタ」で動かす。

気候・気象環境の変化とマーチャンダイジングの最前線

安積範晃氏x田辺良太氏(ライトオン)

国土が南北に長く、地域によって気象環境が変わる日本。さらに地球規模での気象環境の変化が、直接的に私たちの衣食住に影響を与えています。気象という環境をどう戦略に取り組むべきなのでしょうか。衣料のマーチャンダイジングの現場の取り組みから考えます。

北海道と沖縄、気候の違いが特徴的な二地域では、時期が同じであっても売れる商品は違ってくる。ライトオンでは、現地の声を収集、それを売場やチラシづくりにリアルタイムに生かせるよう取り組みを進めている。

ジーンズを中心としたカジュアルウェアを販売するライトオンは、全国各地に514店舗(8月20日現在)を展開する衣料専門店。本社のある茨城県つくば市で、全国の商品調達・店舗の全体戦略を検討し、各エリアのマネージャーと連携する。特別施策が必要な地域の在庫コントロールや販売促進は、ライトオン 商品調達部 店舗コントロールチームが行う。

その中で、特に異なる二つの地域を軸に店舗を見ているのが、北&南地域対策担当の田辺良太氏だ。北は北海道、南は沖縄。気候差が大きい二つの地域を担当して、季節の変わり目や気候の違いをふまえ商品投入時期・マーケティング・チラシなどの販促を検討する。田辺氏が現職に就いたのは、ちょうど1年前。2つの地域を比較することで、気候差・地域差による個客の消費行動の違いがどのように見えてきたのだろうか。田辺氏・店舗コントロールチームリーダーの安積範晃氏に聞いた。

真冬に届いた「半袖を置いてほしい」という声

会社全体の販売方針に沿いながらも、地域差をふまえた店舗コントロールを行うのが …

あと76%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

マーケティングは、「メタ」で動かす。の記事一覧

マーケティングは、「メタ」で動かす。の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する