広告マーケティングの専門メディア

広告の中の人

小林麻耶、「ぶりっ子キャラ」の裏側

小林麻耶

フリーアナウンサー/キャスターとして活躍する小林麻耶さん。“ぶりっ子”という独自のキャラクターを確立し、2015年には「ブリカマぶるーす」で歌手デビューも。活躍の幅を広げる彼女に、CM観について聞いた。

Photo=杉能信介

小林麻耶(こばやし・まや)
女性フリーアナウンサー、キャスター。1979年7月12日生まれ。TBS入社後、『チューボーですよ!』『世界・ふしぎ発見!』など多くの番組に出演。司会、レポーターとして人気を博す。フリー転身後、バラエティ、ラジオ、ナレーションなどで多くの番組に出演、2016年1月には歌手としてデビューし、活躍の場を広げている。

フラワーシャツ ¥19000/フラワータックスカート¥24000
(以上 SINDEE/スリックPR)
問い合わせ先/スリックPR 
東京都渋谷区代々木5-18-8 211 03-6755-1030

足立:この連載で、アナウンサーの方に登場いただくのは初めてです。

小林:嬉しいです。ありがとうございます!

足立:テレビ番組「しくじり先生」を見ましたが、面白かったですね。

小林:何度もスタッフさんと打ち合わせを重ねて授業を考えたので、そう言っていただけて、ありがたいです。反響も大きくて、番組出演の前と後では、新しい世界の扉を開けたような感じでした。「ぶりっ子のイメージが変わった」「仕事にあんなに熱意を持っていたとは知らなかった」などといった感想もいただき、いままでどんなイメージを持たれていたのかもわかりました。

足立:女子アナの世界は、競争が厳しいですよね。

小林:正直、競争はあまり意識したことがないんです。局アナ時代は会社の番組にしか出演できないので …

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告の中の人 の記事一覧

小林麻耶、「ぶりっ子キャラ」の裏側(この記事です)
瀧本美織× 加藤建吾(TUGBOAT2)×足立茂樹(イー・スピリット)「CMのつくり方」
「あえて自分を出さない演技に徹する」小島藤子が語る役者観
魅力は“昭和感” 黒木華が歩む本格派女優までの道のり
中村アンさんも登場!クリエイター視点でタレントキャスティングのコツを大公開
川口春奈「20歳にして見せる大人の魅力」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する