広告マーケティングの専門メディア

広告の中の人

瀧本美織× 加藤建吾(TUGBOAT2)×足立茂樹(イー・スピリット)「CMのつくり方」

瀧本美織

前回開催の好評を受けて行われた第2回の公開座談会。アートディレクターと女優、キャスティング会社という3つの立場から、広告制作の舞台裏が語られた。

瀧本美織(たきもと・みおり)
女優・タレント。1991年10月16日生まれ。NHK連続テレビ小説「てっぱん」のヒロインでドラマデビュー。日本テレビ系「アナザースカイ」MC、ガールズバンドLAGOONのボーカルとしても活動中。8月には宮本亜門演出作品「狸御殿」でミュージカルに初挑戦。

現在契約中のCM広告:ジュジュ化粧品「アクアモイスト」、LIXIL リアルティ ERA、旭ファイバーグラス「アクリア」

スタイリスト/番場直美
ヘアメイク/サカノマリエ(アルール)

キャスティングには「旬」がある

足立:今回は、TUGBOAT(タグボート)2のアートディレクターである加藤建吾さんと、女優として活躍している瀧本美織さんに来ていただきました。瀧本さんとお会いするのは久しぶりなのですが、すごく女性らしくなった印象です。女優デビューから5年経ちましたが、今改めて振り返ってみていかがですか。

瀧本:色々な人との出会いを通して、私自身、人と関わることが好きなんだなと感じる5年間でした。

足立:加藤さんは、最近だと住友生命「1UP(ワンアップ)」のキャンペーンが話題ですね。僕も最初に見て衝撃を受けました。キャスティングでは、どんなことをポイントにされたんですか。

加藤:TUGBOATが制作するCMは、まず企画があって、そこから「誰が一番その役に良いか」「どんなふうに役にハマるか」といった役柄を考えてキャスティングをすることが多いです。広告には「旬」があると思います、その「旬」を担う象徴的な存在がタレントさんだと考えています。タレントさん、そしてアイデアも同様ですが、昨年でも来年でもなく …

あと70%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告の中の人 の記事一覧

瀧本美織× 加藤建吾(TUGBOAT2)×足立茂樹(イー・スピリット)「CMのつくり方」(この記事です)
「あえて自分を出さない演技に徹する」小島藤子が語る役者観
魅力は“昭和感” 黒木華が歩む本格派女優までの道のり
中村アンさんも登場!クリエイター視点でタレントキャスティングのコツを大公開
川口春奈「20歳にして見せる大人の魅力」
おのののか「“普通の子”だからこそできること」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する