広告マーケティングの専門メディア

広告の中の人

川口春奈「20歳にして見せる大人の魅力」

川口春奈

注目の若手女優として数多くのドラマや映画、CMに出演する川口春奈さん。雑誌『ニコラ』でのデビューから8年が経ち、20歳ながら見せる大人の女性としての魅力に迫った。

川口春奈(かわぐち・はるな)
1995年2月10日、長崎生まれ。2007年から雑誌『nicola』専属モデルに。2009年に『東京DOGS』でドラマデビュー。ドラマ『桜蘭高校ホスト部』、映画『好きっていいなよ。』で主演。2016年公開の映画『クリーピー』『にがくてあまい』にも出演。

現在契約中のCM広告:P&G「パンテーン」、ヤクルト本社「ヤクルトの乳性飲料 ミルージュ」、味の素「クノール」、三井住友海上火災保険「はじめての自動車保険」「1DAY保険」

ヘアメイク/SHIZUE スタイリスト/山本隆司

足立:まずは、東京ヤクルトスワローズの優勝、おめでとうございます!

川口:ありがとうございます、ちょっと違う気もしますけど(笑)。でもヤクルトの「ミルージュ」の広告をやらせていただいていますし、優勝したときは嬉しかったですね。

足立:始球式も投げられていましたね。

川口:でもワンバウンドしてしまったんです。思っていたよりも遠くて…もう一度やってみたいですね。届くまで練習してリベンジしたいです。

足立:負けず嫌いですか?

川口:人からはあんまりそう思われないんですけど、実は結構負けず嫌いなんです。

足立:生まれは長崎県ということで。

川口:長崎県にある五島列島の福江島という島の出身です。本当に田舎というか、東京からの直行便もないので、行き来にものすごく時間がかかるんです。島から東京に通っていたときはお金もなかったので、帰りは博多から9時間かけて船に乗っていました。

足立:船で9時間も!?

川口:はい(笑)。中学校1~3年まで通っていました。最初は月に1回くらいだったんですけど、それがだんだん週に1回になり、通うには限界が出てきて中学3年生のときに上京しました。

足立:それは大変でしたね。上京して5年が経ちますが、東京はどうですか。

川口:通っていた当時は体力的にもきつかったのですが、東京に移っていまは高校も卒業しているので、仕事に集中できます。気持ちとしてはだいぶ楽になりましたね。ただ周りの環境が地元とは違いすぎて、未だに若干戸惑うこともあります。

足立:それでも仕事は楽しいですか。

川口:魅力的な仕事をしていることを日々実感しますし、色々な人との出会いがあったり、楽しいという充実感はすごくあります。作品が変わるごとに違う現場を経験するので …

あと54%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告の中の人 の記事一覧

川口春奈「20歳にして見せる大人の魅力」(この記事です)
おのののか「“普通の子”だからこそできること」
青森の“ごく普通の中学生”が東京で女優に
「マッサン」エリー役、シャーロット・ケイト・フォックスの素顔
モデルから女優へ 松島花の新たな挑戦
23歳・高畑充希、芸歴10年目の挑戦

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する