広告マーケティングの専門メディア

広告の中の人

中村アンさんも登場!クリエイター視点でタレントキャスティングのコツを大公開

中村アン×螢光TOKYO 前田康二×イー・スピリット 足立茂樹

本連載の1周年を記念し、特別編として開催された公開対談。クリエイティブディレクターの螢光TOKYOの前田康二氏、タレントであり最近では女優としても活躍する中村アンさんをゲストに迎え、キャスティングをはじめとするCM制作について語り合った。

中村アン(なかむら・あん)
モデル・タレント。現在は女性ファッション誌『andGIRL』でレギュラーモデルとして出演。フジテレビ系 ドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』(毎週月曜夜9:00~)に伊能蘭役にて出演、MBSラジオ『TKO・中村アンのちょこっとやってまーす!』にレギュラー出演する他、多数のバラエティ番組や雑誌、CMなどに幅広く活躍中!

CM起用への道はお正月番組?

足立:今回はクリエイターがタレントさんを起用する際の視点を、タレントさんと一緒に話を聞いてみたいと思い、企画してみました。実は前田さんとは博報堂時代の同期だったので、素直にこの企画に誰を呼びたいかと聞いたところ、前田さんが「中村アンちゃんがいい!」と。

中村:ありがとうございます(笑)。

足立:この連載の第1回に登場してもらったのが、中村アンさんでした。前田さんとアンさんも一緒にお仕事をしたことがあるんですよね?

前田:ある企業の地方限定発売のビールのCMでご一緒しました。

中村:そうなんです。私もお酒のCMに出るのは夢だったので、テンションが上がりました(笑)。

足立:なぜアンさんを起用しようと思ったんですか。

前田:クライアントさんからは、30~40代の女性タレントと言われていました。でも、女性って自分より少し下の世代に影響されたりするので、20代の女性タレントさんの方がいいんじゃないかなと思っていたんですよ。そんな時に普段は忙しくてテレビをあまり見られないのですが(笑)、たまたま元旦に家で見ていたら …

あと76%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告の中の人 の記事一覧

中村アンさんも登場!クリエイター視点でタレントキャスティングのコツを大公開(この記事です)
川口春奈「20歳にして見せる大人の魅力」
おのののか「“普通の子”だからこそできること」
青森の“ごく普通の中学生”が東京で女優に
「マッサン」エリー役、シャーロット・ケイト・フォックスの素顔
モデルから女優へ 松島花の新たな挑戦

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する