広告マーケティングの専門メディア

ロングセラーブランドのコミュニケーション戦略

40周年を迎えた国民的菓子カルビーのポテトチップスのロングセラー戦略

カルビー

2015年で発売から40周年を迎えた「Calbeeポテトチップスうすしお味」。お馴染みの味として全国で支持される同商品は今年、「あけたら、えがお!」を目指し、新たな価値の提供に挑んでいる。

(左)1975 (右)2015

ポテチを定番のおやつに

カルビーが発売しているポテトチップスは日本のポテトチップス市場の約7割を占める。同社のトップブランドであり、そのルーツでもある「Calbee ポテトチップス うすしお味」が発売されたのは1975年のこと。

発売当時、市場で販売されていたポテトチップスの価格は、1袋120~150円ほどだったが、カルビーのポテトチップスは内容量90gで100円に設定。発売翌年の1976年には、当時まだ14歳だったタレントの藤谷美和子さんを起用したテレビCMを投下。おどけた調子で「100円でカルビーポテトチップス買えますが、カルビーポテトチップスで100円は買えません。あしからず」と言うキャッチフレーズが評判となり、同社はポテトチップス市場シェアトップのブランドに躍り出る。

このヒットにより、ポテトチップスは気軽に食べるスナック菓子として広く定着し、今や「ポテトチップス」全体の年商は700億円を超える。

ポテトチップスは、じゃがいもを薄くスライスして油で揚げ、塩を振るという製造工程がシンプルであるため、他社商品との差別化が難しい。そこで同社では、発売直後から多様なフレーバーの開発に力を注いできた。1976年にはのりしお、78年には爆発的なヒットとなったコンソメパンチを発売した。

現在では、さらにフレーバーを拡充し、定番商品の他に、地域限定や期間限定、コンビニ限定なども含め、常時30種類近くの商品をラインアップしている。限定商品には熱狂的なファンが生まれやすく「本当においしい!」「この味をつくってくれてありがとう」など、感謝の声がわざわざお客様相談室にまで寄せられるという。

しかし40周年を迎えるにあたり、同社では多様なフレーバーの根底となる、カルビーのポテトチップスならではの特長を今一度再考。「当社のポテトチップスの強みを改めて考えてみた結果 …

あと68%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ロングセラーブランドのコミュニケーション戦略の記事一覧

ロングセラーブランドのコミュニケーション戦略の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する