広告マーケティングの専門メディア

アイドル起用プロモーション

トヨタ×AKB48 地域を盛り上げる大型タッグ

トヨタマーケティングジャパン×AKB48 

トヨタとAKB48。日本を代表する企業とアイドルグループが大型タッグを組んでいる。同プロジェクトを仕掛けたトヨタマーケティングジャパン マーケティング戦略局 マーケティング総括グループ 主任の三枝正樹氏に聞いた。

プロジェクトの主役は販売店

「会いに行くアイドル」として全国を駆け巡る。

AKB48 「チーム8」は、「会いに行けるアイドル」として活動するAKB48から生まれた「会いに行くアイドル」をコンセプトにした新チーム。全国47都道府県でオーディションが開催され、各都道府県につき1人ずつ選出された47名で構成される。

トヨタは以前より、販売店を起点とした地域に根差した活動を推進している。活動の活性化を考えたとき、AKB48のタレント力、そして彼女たちの「会いに行くアイドル」というコンセプトに目を付けた。プロジェクトを担当するトヨタマーケティングジャパンの三枝正樹氏は次のように語る。「AKB48はトップアイドルであり、世の中を巻き込んでいく力があります。そうしたタレントパワーも魅力ですが、最も大きいのは地域を代表するメンバーで構成され、『会いに行くアイドル』という新しいコンセプトのチーム8とタッグを組めるということでした。全国各地域に赴き、地元での活動を展開するチーム8とトヨタの『地域に根差したトヨタであり続けたい』という想いは合致します。『47人の各都道府県代表』×『会いに行くアイドル』×『地域に愛されるトヨタでありたいという想い』という3つの地域に根差した座組みがこのプロジェクトを後押ししていくと考えました」。

同社の販売店は全国に281社あり ...

あと66%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

アイドル起用プロモーション の記事一覧

イメージ先行から個性の時代へ
アイドルを起用したキャンペーン設計のポイントとは?
東京から人やお金を集めるキラーコンテンツは地方アイドル
雪印メグミルク×おれたちのゆきこたん ユーザーと共創するアイドル
東洋水産×赤マルダッシュ☆ 「ゼロから育てるアイドル」で話題化
カゴメ×モーニング娘。’14 新たな購買きっかけを創出
トヨタ×AKB48 地域を盛り上げる大型タッグ(この記事です)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する