広告マーケティングの専門メディア

ニュースから見る広告の近未来

広告主の活用が進む次世代型メッセージングサービスほか

織田浩一

ニュースのポイント:長年にわたって続けてきたこのコラムも今回で終わりになる。ソーシャルメディアマーケティング、プログラマティック、オーディエンスターゲティングなどの言葉がまだ普及していなかった頃に始めたが、この期間でマーケティング業界は大きく変わった。マーケティングは常に新しいテクノロジーを用いることで進化してきたが、その速度が幾何級数的に伸びていることを感じてもらえたならば、このコラムの目的は達成されたと考えている。

Twitterが自社外のモバイルアプリの広告枠販売を開始

img01

『Harper's Bazaar』によるUGGのネイティブアド

Twitterが4月から、Twitter以外のモバイルアプリの広告枠販売を開始した。現在では利用の75%がモバイル経由となった同サービスは、昨年9月にアドエクスチェンジのMoPubを買収。そのプラットフォームの統合により、TwitterだけでなくWordPressやOpenTable、Tango、SongzaなどMoPubが網羅する数千のモバイルアプリにも、インストール広告およびエンゲージメント広告を配信できるようになった。

現状は非公開ベータ版のみのローンチだが、インストール広告はTwitterの広告オークションで購入でき、ターゲティングのパラメータの適用も可能だ。また、それとは別に、Twitterのシステム内からMoPub経由でインストール広告とエンゲージメント広告をプログラマティックに配信するサービスを設け、在庫をリアルタイム入札で販売する。それらの広告はバナーやインタースティシャル広告、動画、ときにはネイティブ広告として表示される。

■ソース:「アドエイジ」4月17日
Twitter to Offer Mobile Ads Beyond Twitter In Bid for Revenue

急成長! 次世代型メッセージングサービス 大手広告主の活用進む ...

あと81%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ニュースから見る広告の近未来 の記事一覧

広告主の活用が進む次世代型メッセージングサービスほか(この記事です)
ビッグデータが支えたAT&Tの広告クリエイティブ
P&Gの洗剤広告、スーパーボウルを捨てTwitterへ
カンヌライオンズ2014、新部門「製品デザイン」が追加に
米ユニリーバ「Dove」の動画、視聴回数で2013年の1位に輝く
政治キャンペーンで利用増、テレビCMのターゲティング配信

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する