広告マーケティングの専門メディア

ニュースから見る広告の近未来

カンヌライオンズ2014、新部門「製品デザイン」が追加に

織田浩一

ニュースのポイント:昨年11月にテレビのオーディエンス分析をするSimulmediaにも訪問したが、次はテレビなどマスメディアの効果が詳細に分析されることに。ネット・モバイルの効果測定の考え方やアトリビューションの考え方が、マス広告にも影響を与え始めている。

カンヌに新たな部門 製品デザインが追加

カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバルが、製品デザインを称える新たな部門を設けることを発表した。賞が増えることでエントリーも増え、同イベントの収益も増えることになる。昨年は前年の4%増のエントリーがあったが、これはイノベーション部門の新設が一因と考えられる。

今年から加わる製品デザイン部門は「物理的な製品でブランドの精神を伝える効果的な利用」と、「人々の生活を向上する力」を評価するものと説明されている。「ブランドのメッセージを伝えることは、製品デザインに欠かせない重要な要素となった」と同フェスティバルの会長であるTerry Savage氏は語った。賞は4つに分けられており、消費財、健全で環境への影響を考慮しマーケティングの成果ではなく人々の暮らしに役立つもの、人間工学を考えた「デザインを通じて毎日にもたらされるソリューション」、使いやすさと情報伝達機能に優れた「インターフェイス」となっている。

■ソース:「アドエイジ」1月23日
Cannes Lions Ad Fest Creates a New Awards Category: Product Design

Hearst社が雑誌・テレビと分離の医療部門を設立

メディアコングロマリットのHearst Corporationが、医療分野での本格的な事業拡大のため、専門部門「Hearst Health」を開設する。同社はすでに医療関連の情報サービス企業を複数所有しているが、これまでは統一したブランドユニットがなかったため、ヘルスケアに関するイニシアチブを明確にすることが困難だった。

現在、5企業からなるこの部門では、医療関係者を支援する情報供給のサービスやソリューションを手がけており、退院患者の76%を診療する医師らに利用されている。数カ月前には、ホスピスや自宅医療ケアプロバイダー向けソフトウェア開発のHomecare Homebaseの株式85%を入手、他にもFDB (First Databank)、Map of Medicine、Zynx Health、MCG(元Milliman Care Guidelines)が傘下にある。これらビジネスメディアは現在、同社にとってエンタテインメント/独立系放送番組に次ぎ、利益を出すグループになっている。

■ソース:「アドエイジ」1月27日
Hearst's New Health Division Is a Departure from Magazines and TV

Chipotleが新ブランデッドコンテンツHuluで公開

メキシコ料理ファストフードチェーンのChipotleが、以前にも成功を収めたブランデッドコンテンツ映像の新シリーズをリリースした。今回はオンラインビデオ配信サービスHuluおよびHulu Plusでの公開となる。

内容はニューヨークの制作会社、Piroが手がける4回シリーズ『Farmed and Dangerous』で、PetroPellet という石油由来の動物飼料をめぐり、コスト削減をシビアに追求する工業型農業界の闇をブラックユーモアたっぷりに風刺する内容だ。

一見、レストランフードの広告には関係ないように思えるが、持続可能な社会づくりを訴え、Chipotleがそのような問題とは無縁であることをアピールする目的だ。

同社は2011年には『Back to the Start』、昨年は『The Scarecrow』と題された同様のテーマのブランデッドコンテンツ映像作品(いずれもタレントエージェンシーCAA制作)を公開し、それぞれ話題になっている。

■ソース:「アドエイジ」1月27日
Chipotle Hits Hulu With Debut of Satirical Series 'Farmed and Dangerous'

ティーン向けアパレル Snapchatでプロモーションを実施

10代向けファッションを販売する小売店チェーン、Wet SealのデジタルエージェンシーであるICED Mediaは、若年層に人気の写真SNS、Snapchatでプロモーションを行うにあたり、16歳のカリスマブロガー、Meghan Hughesさんにホスト役を依頼し、リーチ拡大を図った。HughesさんにはYouTubeで20万人、Twitterで4万9000人、Instagramで10万1000人のフォロワーがいる。

Snapchatは画像を送り合うことができ、またその画像メッセージは一度開封されると消滅する点が特徴だが、プロモーションでは、投稿を記事としてまとめ、フォロワー全員に24時間公開できる「ストーリー」機能を利用した。Hughesさんはクリスマス前の週末の間に、Wet Sealのアカウントで15枚の画像を投稿。同社のアパレルを身に着けた日々の様子を伝えた。結果、その数日で9000人の新規フォロワーと6000回の閲覧数を得たとICED Mediaは述べている。

■ソース:「アドエイジ」1月16日
This Brand Hired a 16-Year-Old to Build Its Following On Snapchat

PepsiCoが売上好調のKickstartに積極投資

PepsiCoは昨年、Mountain Dewブランドから発表して好評の朝食代わりに飲める炭酸飲料、Kickstartの夕食版「Kickstart Energizing」を新発売した。ブラックチェリーとライメード味の2種類からなるこの商品には大型予算が投入され、2月2日のスーパーボウル放送中のCM枠で広告デビューを飾った。

Kantar Mediaによれば、Kickstartシリーズのメディア支出は昨年より35%増であるという。同商品ラインは発売から10カ月の間に、1750万ドルの主要媒体用経費を得ていた。PepsiCo はさらに、ダイエットMountain Dewのメディア予算も倍に拡大。同じくスーパーボウルの放送枠で新たなキャンペーンを打ち出した。ダイエットMountain Dewには昨年1月から10月までに1800万ドルの主要媒体予算が投じられている。Mountain Dew ブランド全体の2014年支出は前年比で20%増となる予定だ。

■ソース:「アドエイジ」1月21日
Mtn Dew Plans Big Spending Boost Behind Kickstart, Diet Dew

Nielsenがテレビネットワーク視聴者ロイヤリティ測定を開始

Nielsenは放送・ケーブルテレビネットワークの視聴者ロイヤルティ測定について、標準化された測定基準を発表するという。同社はこれまでも視聴者ロイヤルティの測定を行ってはいたが、測定基準の統一がなされていなかった。Bravoの依頼で行われた研究にもとづく新基準では、ロイヤルティをケーブルテレビネットワーク間で比較してランク付けする。広告関係者にとって重要な点は、視聴のロイヤルティと消費者購入データの相関分析が提案されていることだ。

Bravoの調査では、2013年第1四半期の間に、エンタテインメント系のケーブルネットワーク75局間で18歳から49歳をターゲットに視聴習慣を調べた(ESPNやFox Newsなどの大型局はBravoの依頼で除外)。結果、エンタテインメント分野で最もロイヤルティが高かったネットワークはUSANetwork、2位がBravo、3位がDiscovery、4位がHistory、5位がTBSだった。

■ソース:「アドエイジ」1月6日
Calling TV's Superfans: Nielsen Starts Tracking Networks' Viewer Loyalty

織田浩一氏(おりた・こういち)

デジタルメディアストラテジーズ社代表、アドイノベーター編集長。米シアトルを拠点とし、欧米の新広告手法・メディアテクノロジー・IT調査・コンサルティングサービスを日本大手広告会社、WEB制作会社、総研などに提供。広告・メディア業界におけるR&D業務のサポートを行っている。オンライン、オフライン広告の近未来に関するブログ、メルマガを下記のアドレスにて公開している。
http://www.adinnovator.com

ニュースから見る広告の近未来 の記事一覧

カンヌライオンズ2014、新部門「製品デザイン」が追加に(この記事です)
米ユニリーバ「Dove」の動画、視聴回数で2013年の1位に輝く
政治キャンペーンで利用増、テレビCMのターゲティング配信
日産がOmnicom Groupと契約、専門チーム「Nissan United」を管理
レクサスがSNS活用、米NBC番組で視聴者参加のライブCMを実現
スタートアップ企業30社に500ドル、米ドミノピザが「ピザ投資」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する