日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

潜入!今月のイベント通信簿

どぶろっくをPRに起用する 佐賀県の度量に感服

日々行われる百花繚乱のPRイベント。対応力、柔軟性が物を言うイベントの現場に本誌ライターが潜入し、ポイントをチェックして発表します。

2015年9月3日(木)スターライズタワースタジオ

「佐賀ご当地結びプロジェクト」記者発表会

佐賀県とリクルートマーケティングパートナーズは9月3日、東京都内で地方創生プロジェクト「佐賀ご当地結びプロジェクト」の記者発表会を実施した。プロジェクトは、佐賀県に関心がある女性を現地ツアーに招き、佐賀の男性との出会いを提供するというもの。イベントには、佐賀県の山口祥義知事のほか、グラビアアイドルの橋本マナミさん、同県出身のお笑いコンビ「どぶろっく」が駆け付けた。

  • 日時:9月3日(木)16時~16時40分
  • 会場:スターライズタワースタジオ
  • 登壇者:山口祥義(佐賀県知事)、貝瀬雄一(リクルートマーケティングパートナーズ)、橋本マナミ(グラビアアイドル)、どぶろっく(お笑いコンビ)
「佐賀ご当地結びプロジェクト」記者発表会
案内状
配信タイミングは。関心を惹く伝え方ができており、分かりやすくまとまっているか。
3 最初の2ページでイベント概要、以降のページでプロジェクトの詳細を伝えるという構成で、端的に概要を知ることができた。表紙に写真や絵などのビジュアルが少なめでやや寂しい。
受 付
メディアを待たせることなく、てきぱきとスマートに対応ができているか。
3 スタジオ周りにスペースがなかったからか、受付は1Fの入り口付近に設置。建物に入ってすぐの受付だったので分かりやすかった。ただ、受付がスタジオまでの案内担当を兼務しており、会場までの案内は手薄な印象。
会 場
イメージに適した選定か。キャパシティは。撮影スペースが確保されているか。
4 翌日から行うイベント会場をそのまま記者会見場に設定。屋台があったり、天井にも装飾が施されていたり…と記者やゲストを楽しませたいという雰囲気が感じられた。試食会では橋本さんらが試食を楽しむ姿も。
演 出
イメージに合った絵作りができているか。撮影ポイントがあるか。楽しませる構成か。
5 「どぶろっく」が佐賀県のオリジナルPRソングを披露したり、橋本さんが佐賀の男性から佐賀牛を「あ~ん」されたり……、メディア受けしそうな要素が満載。ご当地メニューが食べられる試食会も好評だった。
進 行
全体として、滞りなくスムーズな進行ができているか。メディアにとって満足のいく進行か。
4 知事によるプロジェクト紹介、タレント出演のイベント、タレント囲み取材、メディアを招いた試食会…とPRイベントとしてはほぼフルセットの内容ながら、滞りなく進行していた。
土 産
目を惹く要素があるか。喜ばせる何かがあるか。荷物にはならないか。
試食会のみで土産はなし

知事の度量にあっぱれ

佐賀県の地方創生プロジェクトの一環として開催されたこのイベント。山口祥義知事によるプロジェクトの趣旨説明、ゲストの橋本マナミさん、「どぶろっく」とのトーク、翌日のイベントで提供する佐賀名物の試食会…と盛りだくさんのプログラム。今が旬なタレントも起用し、主催者の並々ならぬ気合を感じさせた。一方、下ネタを得意とする「どぶろっく」。自治体PRイベントとの相性は果たして…?と老婆心ながらヒヤヒヤして見ていたが、イベント中は「どぶろっく」の際どいネタにも動じない、山口知事の度量に感服した。お決まりのやや度が過ぎたネタが飛び出す場面もあったが、すかさず司会が「佐賀県のPRをしてください!」と牽制する連携プレーも鮮やかだった。

〜イベントこぼれ話〜

佐賀牛、本当においしかったです。ごちそうさまでした。

潜入!今月のイベント通信簿 の記事一覧

どぶろっくをPRに起用する 佐賀県の度量に感服(この記事です)
猛暑の中で行われたトリドール 丸亀涼麺祭に潜入
お約束のパフォーマンスもサービス 日本橋老舗5社×もこみちによる商品発表会の裏側
空間づくりを計算し尽くしたサントリービールの記者説明会の裏側
白塗りの顔を利用したPR ホンダ新CM発表会の裏側
一般女性を巻き込んだ絵づくりが見事 資生堂早朝フェスの裏側

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する