日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

           

砂流恵介のウェブメディアゲリラ訪問

創刊100周年、日刊工業新聞のメディア「ニュースイッチ」編集部へ突撃

日刊工業新聞社「ニュースイッチ」

メーカー広報出身で、数々のネットメディアにも記事を書いている砂流さん。読者を代表して毎号、ウェブメディアに突撃訪問します。今回は日刊工業新聞社の新メディア「ニュースイッチ」に突撃しました。

    日刊工業新聞社

    「ニュースイッチ」
    https://newswitch.jp/

    img01
    【基本情報】
    開設2015年4月
    ページビュー50万9000(2015年5月月間)
    編集体制専従2名
    配信本数10本(1日)
    外部配信Googleニュース、SmartNews、NewsPicksなど
    最近ヒットした記事の見出し ▶東大卒のスーパーエリートが大手コンサルの内定を蹴って起業した理由
    ▶スマホ部品の実力企業、太陽誘電が「0201」で王者・村田製作所に挑戦状!
    ▶世界最多、科学者5000人が関わった論文公開
    Twitter@newswitch_
    Facebookwww.facebook.com/newswitchpage
    リリース送付先newswitch@po.nikkan.co.jp

    ●編集部

    「ニュースイッチ」編集長 昆 梓紗(こん・あずさ)さん

    2010年入社。編集局整理部より出版局へ異動。月刊『工場管理』編集部、『機械設計』編集部を経て、新事業推進プロジェクトにて「ニュースイッチ」を立ち上げる。

2015年4月に立ち上がったばかりの「ニュースイッチ」。機械や自動車、ITなどすべての産業・行政の情報を扱う総合産業紙「日刊工業新聞」の創刊100周年にあわせて立ち上がったメディアです。

「ニュースイッチ」は、ファシリテーターと呼ばれる日刊工業新聞の記者や、外部の専門家がテーマごとに気になる記事を日刊工業新聞本紙より選別、もしくはオリジナルコンテンツを作成し、一言コメントを加えて配信しています。この形式自体も珍しいものですが、読者も記事にコメントすることができるなど、新しいチャレンジをしています。今回は「ニュースイッチ」編集長の昆梓紗さんと部長の明豊さんに突撃して、成り立ちと媒体アプローチについて話を伺いました。

本紙のピックアップは8割

ニュースイッチは、SPA・宇宙・航空・ロボットといった専門分野から、ベンチャー企業やおもしろニュースまで様々なニュースを配信しています。記事の8割は ...

あと65%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

砂流恵介のウェブメディアゲリラ訪問 の記事一覧

創刊100周年、日刊工業新聞のメディア「ニュースイッチ」編集部へ突撃(この記事です)
三越伊勢丹の記事は1割、「FASHION HEADLINE」編集部に突撃
地方企業はPRのチャンス!「しらべぇ」主筆・タカハシマコトさんに編集方針を直撃
編集会議へ飛び込み参加も歓迎!「Engadget日本版」編集部に突撃
東洋経済オンライン・山田俊浩編集長が指南、「理詰め」の広報アプローチ
小学館『DIME』のウェブ版編集部に潜入、商品リリースの必勝法を学ぶ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する