販売促進の専門メディア

           

アクティベーションツール

インサイドを掴んだワーケーション体験

島袋孝一(J.フロント リテイリング)

販促に欠かせないツール・手法ごとに毎号、活用アイデアが抜きんでた例を紹介。各領域の“目利き”である専門家が選んだ事例と分析を、次なる企画のヒントに。

    EXPERIENCE

    みしま日帰りワーケーション体験ツアー

皆さまは「ワーケーション」したことありますか?2023年9月のパーソル総合研究所による調査結果では、ワーケーション経験率は17.4%。私は、前職のスタートアップ時代に初めて経験し、現職で2回目となる体験をしてきました。今回参加した回がとてもユニークだったのでご紹介します。

みしま日帰りワーケーション体験ツアーvol.4参加者の皆さまと。イベントの様子はSNSハッシュタグ「#みしま1dwt」にて。

日帰りワーケーション体験

「ワーケーション」というと、少し遠い地域に出かける、ワークとバケーションを兼ねた旅行に近いものをイメージする方が多いと思います。しかし東京から新幹線で最短44分という超好立地であり、新幹線通勤者も多く在住する静岡県の三島駅は、1日で簡単に行って帰ってこれる「日帰りワーケーション」に最適な場所。そんな三島で通信会社の会社員をしつつ「三島市移住アンバサダー」を務める大橋 衛さんらが主宰する「体験ツアー」に、友人から誘われ、参加してきました。

 

前提として、多くの日本企業では、公式にワーケーションを認可してるケースはレアだと思います。現に私が所属している…

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

お得なセットプランへの申込みはこちら
一覧

アクティベーションツール の記事一覧

キュートなクライナーファイグリング
買い物客の思考を体現化する
リアルメディアの価値をデータで示す
インサイドを掴んだワーケーション体験(この記事です)
冬が来れば毎年会えるメルティーキッス
子どもの視点で楽しい買い物体験
OOHならではの企画の肝とは?
「イマーシブ」は2024年のトレンドとなるか?
「買い物」を文化へと昇華させた体験
店舗での体験を自宅へ「持ち帰る」感覚
駅のポスターで謎解き
商品が美しければパッケージは簡素化できる
応援広告のシン形態
先進の売り場の中の、昭和レトロな世界観
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する