販売促進の専門メディア

企画書に使える!今月のDATA

ネット広告の実情 アドブロッカーについて、 約65%は「知らない・わからない」

新しく発信される消費者の調査データの中から、編集部が注目した調査結果をお届けします。

2015年のインターネット広告費は前年比110.2%と二桁成長となった(電通調べ「2015年日本の広告費」)。編集部が実施したアンケートでも「ソーシャルメディア広告」が注力したいプロモーションの上位を占めている(詳細は『販促会議2016年12月号電子ブック』P63)。ここでは、ネット広告を非表示にできるアドブロッカーの利用状況について、一般消費者を対象にした調査をもとにレポートする。

  • 調査手法:インターネット調査
  • 調査時期:(1)2016年4月7日~4月11日
    (2)2016年9月1日~7日
  • 調査対象:(1)10~60歳代の男女1332人
    (2)Fastask(ファストアスク)のモニターのうち、男女15~69歳1100人
  • ジャストシステム ネットリサーチ「Fastask(ファストアスク)」調べ

DATA1
「アドブロッカーについて知っていて、説明できる」のは10.7%

「アドブロッカーについて知っていて、他の人にも詳しく説明できる」と回答したのは10.7%だった。また、「知ってはいるが、他の人に説明できるほどではない」と回答したのは24.3%。アドブロッカーを知っているのは …

あと49%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

企画書に使える!今月のDATA の記事一覧

ネット広告の実情 アドブロッカーについて、 約65%は「知らない・わからない」(この記事です)
子どもの約8割がオンライン動画を視聴
C to Cビジネスの課題 ぬぐえない消費者の後ろ向きなイメージ
電力自由化に関するアンケート調査
「何を購入するか」台湾人・香港人は口コミで判断
観光分野に商機あり?VRの市場規模は8兆円

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する