販売促進の専門メディア

           

企画書に使える!今月のDATA

「何を購入するか」台湾人・香港人は口コミで判断

新しく発信される消費者の調査データの中から、編集部が注目した調査結果をお届けします。

訪日観光客は2000万人を突破し、政府は2020年までにさらに倍の4000万人を目標にかかげた。訪日外国人観光客の消費額が年間3兆円を超えたいま(観光庁調べ)、効果的なアプローチするためには単にWebやソーシャルメディアを活用すれば良いというわけではない。今月のデータからは、目的に合わせた訪日客へのアプローチ方法を探っていく。

  • 調査手法:インターネット調査
  • 調査時期:2015年12月20日~12月25日
  • 調査対象:Groodが運営する日本最大級の訪日旅行客向けWebサイト「Japan Info」による投稿を閲覧した日本に興味のある20歳以上の台湾人・香港人
  • Grood調べ

DATA1 「何を買うか」は大半がリアルな意見を参考にすると回答

Webサイトやブログ、口コミなど、上位をみるとリアルな意見を参考にするようだ。ガイドブックやフリーペーパーは全体の約3割 …

あと57%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

企画書に使える!今月のDATA の記事一覧

「何を購入するか」台湾人・香港人は口コミで判断(この記事です)
観光分野に商機あり?VRの市場規模は8兆円
まだまだ恋愛もできる? 40代のホンネとは
今どきの40~60代は配偶者・パートナーを最重視
8割の人の心が動く!特典有りゲームアプリ
5人中3人は通販の内緒買いを経験

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する