販売促進の専門メディア

販促NOW ツール編

訪日客へはベタな方がいい?「迷い」を与えないことが重要

パナソニック 「RULO(海外仕様品)展示台」/向坂文宏(桜美林大学専任講師/ストア・コミュニケーション・プランナー)

ヨドバシカメラでの、パナソニック「RULO」の展示台。日本製であることが分かりやすく表現されたデザイン。

分かりやすい告知は店頭ツール最大の武器である。プロクター・アンド・ギャンブル社の提唱する「FMOT(First Moment of Truth)」に言われるように店頭では3~7秒で商品の魅力が伝わらなければ顧客は素通りしてしまう。

店頭ツールの告知の分かりやすさは、グラフィックやコピーといった平面的な要素だけでなく、構造や素材感といった様々な要素が組み合わさることで実現できる。また顧客にとっては商品が陳列された時の全体の世界観なども大きな判断材料となる。店頭ツールは、告知内容という「ソフト的要素」と、構造、素材といった「ハード的要素」が組み合わさることで強い訴求力が発揮できる手法である。

こうした特性を非常に分かりやすく活用し、顧客へ明快に商品紹介を行っていた店頭ツールを、訪日客で賑わう売り場で見つけた。パナソニックのロボット掃除機「RULO(海外仕様品)」の展示台だ。商品は日本では珍しい金色の筐体のロボット掃除機である。この商品の店頭での一番の売りは日本製品というブランドであった。日本製品を日本で購入することを …

あと58%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

販促NOW ツール編 の記事一覧

訪日客へはベタな方がいい?「迷い」を与えないことが重要(この記事です)
100種類を一覧展示し、「眺める楽しさ」も提供
その手があったか!商品をPOP化する新発想
「鉄スキ」に惹かれた理由は割り切りによる一点訴求
最先端技術による演出挑戦「新エンタメディスプレイ」
店頭での撮影・拡散を促す「来店客 参加型ツール」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する