販売促進の専門メディア

販促NOW ツール編

店頭での撮影・拡散を促す「来店客 参加型ツール」

東宝 映画『進撃の巨人』劇場スタンディ/向坂文宏(電通テック 店頭企画部 部長)

思わず、人に見せたくなる、「巨人の口に呑み込まれてしまった写真」を撮ることができる。

店頭での撮影・拡散を促す「来店客参加型ツール」

これまで、店頭プロモーションはマス広告を起点として始まるプロモーション施策の「最後の押しの一手」という役割を与えられてきた。消費者はマス広告で商品を認知し、店頭で商品を比較検討して購入に至るという流れだ。しかし、いまや商品ごとに認知のきっかけも違えば、購入までに触れる情報もさまざまであり、購入も店頭に限っていない。

このような購買行動の中で重要視される情報ソースに、SNSなどによる「口コミ」が挙げられる。時にメーカーが発信する情報以上に参考にされ、また役に立つ口コミ情報などは商品の購入検討者の間で拡散されている。店頭ツールも店内での訴求に終わるのではなく、ターゲットの役に立つ訴求内容が口コミの様に拡散されるシーンを見かけるようになった。今回紹介する東宝の『映画「進撃の巨人」劇場スタンディ』は、まさに拡散させることを狙った店頭ツールである。

このツールは、映画館を中心に書店などでも設置されていた、映画の公開を告知するパネルPOPである。劇中に登場する巨人の顔を大きく配置し、口部分から顔を覗かせることで自身が登場人物の気持ちを体験できるという仕組みだ。人気映画作品ということもあり、パネルの周りでは来店客が興味深そうに覗き込み、またスマホで記念撮影を行っている。パネルPOPには …

あと49%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

販促NOW ツール編 の記事一覧

店頭での撮影・拡散を促す「来店客 参加型ツール」(この記事です)
「ベロン感」が心地いい! 訴求と素材の組み合わせで強力なシズル感
体験する“場”を作り出す店頭ツール
ショールーミング時代に必要な店頭ツール
「使う人」のことを想像させる店頭ツール
日用品こそ、新しい提案!旬の使い方を自分ゴト化させる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する