販売促進の専門メディア

販促NOW ツール編

最先端技術による演出挑戦「新エンタメディスプレイ」

バンダイ「透過型サイネージディスプレイボックス」/向坂文宏(電通テック 店頭企画部 部長)

商品の前面に配された「透過型サイネージ」によって、文字が踊り、ヒーローが出現する。ターゲットである子どもたちが思わず目を奪われる店頭ツールだ。

「目新しい店頭ツールは無いか?」という問い合わせをよく耳にする。その度に店頭ツールのパーツや手法は、20年前からそれほど変わっていないと思う。例えば、スイングPOP などに使用されるワイヤーパーツ、振り子や回転運動を作り出すムービングパーツ、チェンジングやホログラムといった特殊印刷加工だ。

こうした物は、店頭で商品訴求を行う際の汎用性や耐久性の高さにより使い続けられている。逆に言うと、これらと同等の信頼感を持つパーツや手法がなかなか現れない。それが店頭ツール企画の悩みの一つでもある。

そんな中、今回紹介する「透過型サイネージ」を使用したディスプレイは ...

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

販促NOW ツール編 の記事一覧

最先端技術による演出挑戦「新エンタメディスプレイ」(この記事です)
店頭での撮影・拡散を促す「来店客 参加型ツール」
「ベロン感」が心地いい! 訴求と素材の組み合わせで強力なシズル感
体験する“場”を作り出す店頭ツール
ショールーミング時代に必要な店頭ツール
「使う人」のことを想像させる店頭ツール

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する