販売促進の専門メディア

販促NOW ツール編

その手があったか!商品をPOP化する新発想

ゼビオ「ヒートクロス・エアーアクト POP」/向坂文宏氏(電通テック 店頭企画部 部長)

商品展示に加えて、商品そのものに訴求ポイントを記載することで、「商品自体のPOP化」を実現。ひとつの店頭ツールで、2つの役割を果たしている。

店頭のスペースはとても貴重である。一般的に、商品を陳列するフェース数が増えれば、売上は上がるからだ。メーカーの営業担当者は日々、自社商品のフェースを増やそうと、競合との陣取り合戦をしている。視点を変えて、店頭ツールはどうだろうか。店頭ツールを置くと商品は置けなくなる。つまり店頭ツールは、同スペースに商品が置いてある時以上の売上増をもたらすことが期待されているのだ。

したがって、スペースをどう効率的に使えばいいのかが、店頭ツール企画の悩みのタネとなる。スペースが限られている一方で、訴求したい内容は多くあるのだ。最近では商品特長の訴求のほか、実際に商品に触れて体験してもらうために、商品サンプルを置きたいという要望もある。

こうした、限られたスペースでの展開という悩みに対して、秀逸なアイデアで解決している店頭ツールに出会った。「ヒートクロス・エアーアクト」はスポーツ用品を手掛けるゼビオが開発した吸湿発熱素材だ。この素材は、身に付けて2分で2℃発熱し、快適な暖かさを保つという特徴がある。加えて肌触りも良い。機能性と着心地の両方を兼ね備えているのだ。店頭で訴求を行うのであれば、ぜひこの2点を来店客に知ってもらいたい。しかし、機能性の訴求を行った上で、着心地を確かめられる商品サンプルを置くにはスペースが足りない。

そこで、「ヒートクロス・エアーアクト」素材のシャツで行われていたのは ...

あと46%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

販促NOW ツール編 の記事一覧

その手があったか!商品をPOP化する新発想(この記事です)
「鉄スキ」に惹かれた理由は割り切りによる一点訴求
最先端技術による演出挑戦「新エンタメディスプレイ」
店頭での撮影・拡散を促す「来店客 参加型ツール」
「ベロン感」が心地いい! 訴求と素材の組み合わせで強力なシズル感
体験する“場”を作り出す店頭ツール

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する