販売促進の専門メディア

企業の販促担当者が語る「SP会社を選ぶ基準」

カンロ「ピュレグミ」のプロモーションパートナー選びのポイントは?

カンロ

プロモーション活動を行う際、どんな企業をパートナーに選ぶかで、その後の成果が大きく違ってくる。成果を出すために、企業側の担当者はどのような視点でパートナーを選んでいるのか。毎号、さまざまなクライアント側の視点を聞いていく。

    カンロ(ピュレグミ)

    [今期のプロモーション予算]前年比減(金額非公開)
    プロモーション費用を削減する分、メーカー側からの一方的な情報発信ではなく、ファンとの相互コミュニケーションを目指す。マス広告だけに頼らず、商品がお客さまのコミュニケーションツールになるような仕掛けを実施。絶えず話題となるような仕掛けを継続して行うことが今期の目標。

カンロは1911年に「宮本製菓所」として誕生し、社名を冠した「カンロ飴」など菓子・食品の製造・販売を行っている。2002年に誕生した「ピュレグミ」は、グミカテゴリーの人気ブランドだ。

プロモーションについては、マスベースとファンベースのコミュニケーションをバランス良く実行することを心がけている。

グミ・キャンデーカテゴリーは店頭で意思決定され、購入に至るケースが多いため、パッケージでのコミュニケーションも重視。「ピュレグミ」では、パッケージにメッセージを書いてプレゼントするという消費者の流行を意識し、16年2月からマンガ「君に届け」とのコラボレーションパッケージを展開している。

ブランド愛

「ピュレグミ」のブランド戦略の基本は、話題づくりとファンづくりです。お客さまの共感を得るコミュニケーションを実施していくためには ...

あと50%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

企業の販促担当者が語る「SP会社を選ぶ基準」 の記事一覧

カンロ「ピュレグミ」のプロモーションパートナー選びのポイントは?(この記事です)
求めるのは「コアアイデア」のある提案
3週間に1回ペースで出る 新商品に対応するスピード
障害や軋轢を乗り越え、やり通す情熱
ガム市場を活性化させる、これまでにないアプローチ
デニーズへの深い理解と、反応の早さ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する