販売促進の専門メディア

企業の販促担当者が語る「SP会社を選ぶ基準」

障害や軋轢を乗り越え、やり通す情熱

ガシー・レンカー・ジャパン

プロモーション活動を行う際、どんな企業をパートナーに選ぶかで、その後の成果が大きく違ってくる。成果を出すために、企業側の担当者はどのような視点でパートナーを選んでいるのか。毎号、さまざまなクライアント側の視点を聞いていく。

    ガシー・レンカー・ジャパン

    [今期のプロモーション予算]前年比約30%増(金額非公開)
    プロモーション用のウェブ動画制作および、制作した動画の広告展開に予算を投下していく予定。

日本のニキビケア市場をリードするブランド「プロアクティブ+」を持つガシー・レンカー・ジャパン。同社のプロモーションでは、テレビCMを生かしたデジタル経由での指名買い促進を目指している。2013年にはオウンドメディア「ニキペディア」を立ち上げ、ニキビに対する正しい知識の浸透と購買を結びつけることに成功。

最近では、LINEの活用など、10代〜20代のデジタルネイティブ世代に向けたスマートフォンメディアの活用にも注力している。

現在はウェブ動画の制作を進めており、2016年初頭に公開の予定。今後は ...

あと54%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

企業の販促担当者が語る「SP会社を選ぶ基準」 の記事一覧

障害や軋轢を乗り越え、やり通す情熱(この記事です)
ガム市場を活性化させる、これまでにないアプローチ
デニーズへの深い理解と、反応の早さ
「自分がKOMEHYOスタッフだったら」という視点
ブランド戦略を理解し、ストーリーとして描けているか

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する