販売促進の専門メディア

企業の販促担当者が語る「SP会社を選ぶ基準」

ガム市場を活性化させる、これまでにないアプローチ

モンデリーズ・ジャパン(クロレッツ)

プロモーション活動を行う際、どんな企業をパートナーに選ぶかで、その後の成果が大きく違ってくる。成果を出すために、企業側の担当者はどのような視点でパートナーを選んでいるのか。毎号、さまざまなクライアント側の視点を聞いていく。

    モンデリーズ・ジャパン(クロレッツ)

    [今期のプロモーション予算] 前年比増(金額非公開)
    2015年度はクロレッツブランドの日本誕生30周年として、年間を通じて定期的なプロモーションを実施中。予算も昨年を上回る規模でサポートしている。従来から取り組むテレビCMだけでなく、デジタル分野も積極的に活用し、話題性喚起や新たな顧客層へのアプローチを目指す。

「クロレッツ」、「ホールズ」といったガム・キャンディーのブランドを持つモンデリーズ・ジャパン。「Create delicious moments of joy.(喜びに溢れたおいしい瞬間を創り出そう!)」を世界中で掲げ、機能を訴求するだけではなく、楽しさや面白さも感じてもらうことを目指す。

ガムやキャンディーは衝動買いが多いカテゴリー。プロモーションは消費者に関心を持ってもらうための手段として重視している。2015年に日本発売30周年を迎えたクロレッツは、年間を通じた周年キャンペーンを実施。発売以来 …

あと58%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

企業の販促担当者が語る「SP会社を選ぶ基準」 の記事一覧

ガム市場を活性化させる、これまでにないアプローチ(この記事です)
デニーズへの深い理解と、反応の早さ
「自分がKOMEHYOスタッフだったら」という視点
ブランド戦略を理解し、ストーリーとして描けているか
情報を持ち、変革に挑戦してほしい

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する